人生経験を行政書士の業務に活かす~経験を無駄にしない

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の実務

行政書士の業務というのは非常に幅広く、これから仕事を行っていく上での選択肢の多さがメリットとなります。

しかし、逆に業務範囲があまりに広すぎるため、どの業務や分野に絞っていけばよいのか決めにくいというデメリットも併せ持っています。

行政書士業務は、試験のために勉強した知識だけでは、なかなか自信をもって仕事に取り組むことができません。

もちろん、開業してから実務知識を得るための自己研鑽も重要なのですが、自分の強みとして大きな助けになるのは、これまでの人生で得てきた経験や知識です。

前職の知識や経験を行政書士業務に最大限生かす

先述の通り、行政書士の仕事は非常に業務範囲が広く、開業当初はどの業務や分野に的を絞っていいのか決めにくいものです。

実際、新人行政書士の方と話をしていると、そうした悩みや声をよく聞きます。

しかし、普通の社会生活を営んでいた人であれば、必ず何がしかの人生経験があるはずです。

仕事であれば、営業や経理担当、土木工事や建築などの経験でもかまいません。また、正社員に限らず、様々なアルバイト、パート経験なども貴重な検討材料となります。

これまで、自分が積み重ねてきた人生経験をよく思い出し、自分の知識や経験が行政書士の仕事に何か生かせないかどうか、とにかくイメージを膨らませてみるのです。

過去の経験や知識から業務のアイデアを得る

例えば、過去にラーメン店など飲食店でのアルバイト経験があったら、飲食業として食品安全管理の関係で、何か業務につながるようなアイデアを見つけることができるかもしれません。

また、仕事に限らず、自分の身の回りで相続の手続きやトラブルなどで困ったことが過去にあったとしたら、相続や遺言についての業務にその経験が生かせるかもしれません。

様々な業界で働いたことのある人や人生経験の中に、行政書士業務につながるヒントは必ずあるはずです。こうした経験や知識は、これから業務を行う上で大きなアドバンテージとなります。

行政書士として自分の強みと弱みを棚卸ししてみる
自分の事務所の存在や、行っている業務を一人でも多くの人に知ってもらうためには、何らかの営業活動というのが絶対に欠かせません。 ただ行政書士登録を済ませ、事務所を構えて看板を立てて待っているだけで集客できるほど甘くはないのです。 営業活動の方法は様々ありますが、まずはとにかく自分ができるこ...

もちろん、勇気のある方は、自分がまったく知らない分野に思い切って飛び込んでいくのも悪くはありません。チャレンジ精神旺盛なのは、とても良いことです。

しかし、たとえ少しでも業界の知識や経験がある分野に飛び込む方が、最初からある程度自信をもって顧客と話ができますし、これから行政書士業務を行うにあたっても、多少は抵抗なく入ることができるでしょう。

ただし、経験がある分野とはいえ、それが必ずしも自分の商圏に需要があるとは限りません。そこはしっかりとしたリサーチが必要ではあります。

地域に行政書士業務の需要があるかをリサーチする
行政書士も商売ですから、マーケティングの基礎となるエリア特性の調査というのは非常に重要です。 そこに需要がないものを業務として掲げていてもまったく意味がありませんし、仕事を獲得することはできません。 もっとも、インターネットを使って広域に業務エリアを設定しているのであれば話は別ですが、経...

新人行政書士はまず、前職や人生経験、自分の人脈といったアドバンテージを最大限に生かし、メイン業務の可能性を探ってみましょう。オンリーワンの仕事ができるかもしれません。

顧問契約という形で顧客と関わっていく道もある

また、前職の経験を生かして顧問契約をとりにいくのも経営戦略としてはアリです。

行政書士も顧問契約をとる必要がある?
行政書士業務の多くは、いわゆる単発のスポット案件が多いので顧問契約は難しい、と一般的には言われています。 確かに、税理士や社労士といった他士業のように、顧問契約という形で顧客と関わっている行政書士はそう多くありません。 顧問契約という形をとれば、少なくとも契約が継続している限りは顧問料と...

行政書士の仕事というのは、思いがけないところで経験が役立つこともあります。そうした強みを生かすことができるのも、行政書士という仕事の面白さです。

新人行政書士の方は、まず自分の強みや弱みといった点をよく分析して、自分なりの集客方法の仕組みを構築し、どんどん経験を積んでいきましょう。

行政書士の実務
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル