どのような仕事が向いているのかは実際にやってみないとわからない

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

新人行政書士が最初の仕事を獲得するには、人脈の中から紹介を得るのが最も近道です。

また、行政書士として効率的に利益を上げるためには、業務を絞り込んで専門特化することも必要となります。

人脈の構築というのは、例えば、同業者や他士業との交流であったり、異業種との交流会などはもちろん、同窓会や自治会などの行事など、とにかく人の集まる場所に積極的に出向き、自分の存在をアピールすることです。

スポンサーリンク

最初から業務を専門特化しない

そうしてコツコツと人脈を広げていく中で、様々なニーズをリサーチしていきます。

行政書士の仕事というのは、業務を専門特化した方が効率的に集客できますが、新人行政書士で実績がない場合、最初から業務を専門特化するのはお勧めできません。

仮に最初から業務を専門特化したとしても、その仕事のニーズがなければ、当然のことながら仕事はきません。

人脈を形成していく中で、その中では建設業や宅建業のニーズが多いのがわかるかもしれませんし、商売で困っていることなどの相談が多いかもしれません。

ニーズの高い業務を仕事にしていき、実績を積んでからその業務を専門特化していくのです。

人脈形成の中でニーズを見極め、実績を積みながら得意技にしていきましょう。

自分のやりたい分野は実績を積んでから取り組む

ただ、人脈形成の中でニーズが高い業務がわかったとしても、それが自分の好みの仕事ではないかもしれません。

しかし、言うまでもなく行政書士は商売です。仕事が来なければ商売になりません。行政書士として食べていくためには、仕事内容の好き嫌いを言っている場合ではないはずです。

もし、人脈の中でニーズはなくても、自分が手掛けたい分野があるとすれば、まずは行政書士として十分に実績を積んだ後に、その分野に取り組んでいっても遅くはありません。

また、自分には向いていないと思い込んでいても、実際に手掛けてみたら面白い仕事だった、ということも多々あります。

新人行政書士のうちは、とにかく来た仕事は何でもやってみることが重要ですし、実務に勝る勉強方法はありません。

新人行政書士は、できるだけ多くの人と会って話をし、その中でニーズを見極め、どんどん自分の得意技を増やしていきましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ