知識やノウハウはアウトプットしてこそ生きるものです

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の実務

行政書士として実務経験を重ねてくると、様々なノウハウや知識がどんどん蓄積されていきます。

また、新人行政書士であっても、法律を学んだ者としては常識的なことであっても、一般の人があまり知らない知識、情報というものも少なくありません。

こういった知識や実務経験で得たノウハウというのは、単に自分の頭の中だけにとどまらせておいてもまったく意味がありません。

インプットした知識や経験というものは、実際にアウトプットしてこそ生きてくるものです。

今の時代アウトプットの方法は様々ある

今の時代は幸いなことに、誰でも手軽に自分のノウハウや知識をアウトプットできる場があります。

事務所へ相談に訪れる顧客だけではなく、例えば、ホームページやブログ、SNSなど、いわゆるインターネットを使った情報発信が誰でも簡単に行える時代なのです。

自分で得た知識やノウハウは、惜しみなくアウトプットすべきですし、そうでなければ新人行政書士が専門家としてのアピールをすることはできません。

仮に自分で得た情報や実務についての知識を出し惜しみしていても、そういったものはすでにインターネット上などで誰かが発信しています。

ですから、専門家であればなおさら、情報やノウハウをどんどん発信すべきなのです。

また、各種のセミナーであったり、相談会などを開催するなどして、自分が持っている知識やノウハウを顧客となる人々に伝えることもできます。

新人行政書士こそセミナー開催のすすめ
一般的にセミナーというと、ある程度実績のある専門家が行うイメージがあります。 確かに、実績や経験のある人のセミナーというのは、内容に当たりはずれがあるにしても、それなりに実績や経験をアピールできますので、集客という面でも有利に働きます。 セミナーに参加してくれる方というのは、少なからずそ...

発信すればするほど専門家としての価値は上がる

もし、専門家としての知識やノウハウを公開してしまったら、行政書士業務を顧客が自分で行ってしまうのではないか、と考える方もいるでしょう。

しかし、顧客がなぜ専門家にお金を払ってでも依頼するのか、ということをよく考えてみれば、そうした懸念はまったく意味がないことに気づくはずです。

顧客が専門家に依頼する意味というのは、自分で行う時間や手間を省いて、経営や自分の時間を、いわばお金で買うためです。

優秀な経営者、優良な顧客というのは、特にそういった面を重視しているものですし、決して報酬額を値切ったりしてくることはありません。

その代わり、仕事に対してはシビアです。こちらも正確で丁寧、迅速な対応をしなければなりません。そうした顧客を増やしていくことができるかどうかで、今後の事務所経営が大きく左右されます。

また、色々と調べて理屈や手続きの方法は分かっていても、自分で確実に行うことができるのか不安、という方もいるでしょう。

ですから、知識やノウハウというのは、専門家だからこそ惜しみなくどんどん発信すべきですし、そうすることで専門家としての価値も上がるのです。

情報発信は重要な副産物も生み出します

情報発信の重要性は前述の通りですが、他にも重要な副産物があります。

それは、自分のホームページやブログなどで情報発信していくことで、検索エンジン側の評価も高まるということです。

今の検索エンジンはどんどん進化していて、情報(コンテンツ)の中身、質というものを重視してランク付けする方向にあります。

つまり、質の高い情報、コンテンツを発信すればするほど、いわゆるSEO効果も高くなり、自分のサイトが上位表示される可能性が高まることにもつながっていくのです。

特に、ホームページでの集客を狙っているのであれば、専門家としての情報の質と量を高めることに注力すべきでしょう。コンテンツの充実こそが最高のSEO対策になります。

また、行政書士という専門家だからこそ、一般の人が発信している情報よりも、信用度という点でも有利に働きます。

ただし、情報の正確性はもちろんのこと、オリジナリティには万全を期す必要はあります。

コピーコンテンツや極めて類似したコンテンツに関しては、検索順位を大幅に落とす、あるいはインデックスから削除する、といったペナルティを課されてしまう可能性もあります。

特に、ホームページやブログを使って集客を狙っているような方は、そうした点にも十分注意しましょう。

新人行政書士だからこそ、自分で得た知識やノウハウを、様々な手段を駆使してどんどん発信し、専門家としての価値を高めていきましょう。

行政書士業務は情報発信することが大切です
残念ながら、行政書士という仕事の世の中の認知度は高くありません。 税理士や弁護士などであれば、一般の人にもどのような職業で何をする人なのか、といった点はよく知られています。 しかし、行政書士は業務範囲があまりに広すぎるため、行政書士の仕事を一口で説明するのは難しいのです。 建設業関...
行政書士の実務
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル