行政書士開業に年齢は影響するのか

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

これから行政書士として開業を考えているのは、老若男女、様々な方がいると思います。

若くして行政書士試験に合格して開業した方から、公務員や一般企業からリタイアして開業する方まで、本当に様々です。

そこで気になるのは、行政書士としてこれから仕事をするために、年齢という要素は影響してくるのか、という点です。

実際のところ、行政書士登録・開業している人の年齢層というのは、先にも述べた通り実に幅広いです。

では、行政書士の仕事を行っていくうえで、年齢という要素が有利、不利に働くのかどうかを考えてみたいと思います。

行政書士登録している人は多いのですが

行政書士登録して支部の集まりなどに参加してみると、20代、30代の若手から、かなり年配の方まで、実に幅広い年齢の行政書士がいることが分かります。

行政書士は未成年者や欠格事由に該当していなければ登録できますので、様々な年齢層の方がいるのは、当然といえば当然のことです。

ただし、その中で実際に行政書士業務だけで身を立てている方というのは、支部の規模にもよりますが、私の感覚では多く見積もっても3分の1以下といったところでしょうか。

というのも、登録しているだけで仕事をまったく行っていない方もいれば、すでに生活の基盤が年金にシフトしているという方が、かなりの割合でいるからです。

つまり、別に行政書士の仕事をしなくても生活できる人、肩書だけで仕事をほとんど(まったく)やっていない行政書士が数多くいるという現実があります。

行政書士業務を行うのに年齢は関係するのか

では、実際に行政書士登録して行政書士として身を立てていくのに、年齢は影響するのかというと、私の個人的な経験からはまったく関係ないと思っています。

私自身は30代で開業しましたが、20代前半で成功している方や、50代、60代で開業してバリバリ仕事をしている方も数多く知っています。

つまり、やる気さえあれば老若男女問わず、行政書士として仕事はできる、ということです。

また、クライアント側にしても、行政書士の年齢や性別を気にするということは非常にまれなことです。仕事をきっちりこなすことができれば、まったく問題はないと思います。

若手であれば、フットワークの良さや一生懸命さをアピールすることができますし、年配の方は落ち着きと風格という面で有利に働くかもしれません。

ですから、行政書士となるのに年齢はまったく関係ないのです。

必要なのは商売人としての考え方だけ

行政書士として最も大事なことは、商売として、経営者という自覚をもって仕事をやっていけるかどうかです。これには年齢は関係ありません。

全国には数多くの行政書士がいますが、前述のとおり、本当に行政書士業務だけで生活している人というのは、それほど多くはありません。

これはつまり、本気で行政書士という仕事に取り組んで経営者としての資質を磨いていけば、老若男女関係なく、十分に仕事がとれるチャンスがあるということです。

何より、行政書士の仕事というのは、世の中のそこらじゅうにゴロゴロ転がっています。

もし、自分の年齢という点で行政書士登録を躊躇している方は、あまり気にせずとにかく走り出して、実務知識の自己研鑽を積みながら、とにかく経営者としての資質を磨いていくことに目を向けていくべきです。

少なくとも私の経験上では、年齢でのハンデや不都合というものは感じたことがありません(あまりに高齢な方は別ですが)。

行政書士の社会的ステータスを高めるためにも、年齢にとらわれることなく、バリバリ営業や仕事に励んで儲けていきましょう。