事務所ホームページは外注?自作?~ホームページの作成について

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

現在は、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末でインターネットが手軽に利用できる環境にあります。

ですから、相談や依頼を考えている顧客が、事務所の情報を事前にある程度知っておきたい、という目的で、事務所のホームページを検索するということも十分に考えられます。

ホームページはいわば24時間365日休みなく、自分の事務所をアピールしてくれる営業マンとも言えます。

つまり、新人行政書士が存在を知ってもらう、相談や依頼の入口となる手段として、ホームページというのはかなり重要な営業ツールになるわけです。

新人行政書士事務所にホームページは必要?
最近は行政書士をはじめ、他士業のホームページもずいぶん増えてきました。 試しに、『行政書士 ○○市』などと検索してみると、単なる事務所紹介的なものから、専門性をアピールしてホームページからの受注を狙っているものなど、様々なホームページが出てくるはずです。 マーケティングという観点からも、...

では、これから開業する、あるいは開業間もない行政書士は、どのようにホームページを作成すれば効果的なのでしょうか。

外注のメリットとデメリット

ホームページを作成する一つ目の手段としては、ホームページ作成業者などに外注するということが考えられます。

外注するメリットとしては、それなりに見栄えの良いホームページができることや、パソコンが苦手な方でも手間なく作成してもらえる、などといった点があるでしょう。

反面、デメリットとしては、まず作成や運用のコストがかかることです。

ホームページ作成業者というのは、それこそ星の数ほどあります。作成や運用費用もピンキリで、一体どの業者を選べばよいのかわからない、という点も難しいところです。

また、ホームページの更新が柔軟にできなかったり、追加料金が発生する場合もあります。

もし外注を考えているのであれば、すでにホームページを外注している先輩行政書士に良い業者を紹介してもらうというのも一つの手段です。

あるいは、ホームページ作成などが得意な知り合いに人脈があれば依頼してみるなど、費用と相談しながら検討することになるでしょう。

できるのであれば自作するのが一番

もう一つの方法は、ホームページを自分で作成するということです。

自作するメリットは、まず当然のことながらコストが抑えられる点があります。また、更新や修正といったことも自分の好きなように行うことができます。

自作の場合、ドメインの管理料やレンタルサーバーの料金くらいのコストで済みます。

一方、デメリットとしては、知識やスキルにもよりますが、作成するのにある程度の時間がかかる点です。

このあたりは、時間をお金で買う(外注)か、自分で苦労しながら時間をかけて作り込むかの選択になります。

特に、新人行政書士は実務経験も浅いですから、ホームページに何を盛り込めばよいのか、といったことも分かりにくいかもしれません。

しかし、私の個人的な考えとしては、できることなら自分で作成することをお勧めします。

苦手な方にとってはかなり苦痛な作業かもしれませんが、これからの時代、ホームページ作成などの基本的なスキルを身につけておいても決して損はありません。

ホームページ作成の知識が役に立つことも

ホームページ作成の知識があると、顧客サービスとして業務の幅が広がる可能性があります。

実際に、私も事務所のホームページを作成した経験から、本来の行政書士業務ではありませんが、自分の顧客のホームページ作成に携わったことがあります。

また、ホームページにしてもブログにしても、自分の得た知識や経験をアウトプットする場として活用することができるでしょう。

コンテンツの豊富なホームページというのは、士業として知識が豊富なことを顧客にアピールできることはもちろんのこと、いわゆる検索エンジン対策(SEO)にもなります。

そして、結果的に自分のホームページが上位表示されることになり、多くの顧客が自分のホームページを参照してくれることにもつながります。

特に、ホームページからの集客も考えている方は、こうした点も意識しながら、中身の濃いホームページを作成することを目指してみてください。

行政書士として仕事が忙しくなってくると、なかなかホームページ作成や更新といったことに関わる時間が限られてきます。

登録前や登録直後の時間がとれるうちに、じっくり時間をかけて試行錯誤しながら作成してみましょう。

ホームページを自作する具体的な方法は?

ホームページの作成については、少しパソコンに慣れている方なら、今は比較的簡単にできる環境が整っています。

私がお勧めするのは、まず独自ドメイン(事務所固有のホームページアドレス)を取得した上でレンタルサーバーと契約し、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を使って作成する方法です。

CMSというのは、難しいサーバーなどの知識がなくても、ある程度見栄えの良いデザインができるので、コンテンツ(ホームページの中身)の作成に集中できるのが大きなメリットです。

最もポピュラーなCMSとしては、無料で利用者も多いWordPressが挙げられます。

ちなみに、このコンテンツもWordpressを利用して作成しています。また、事務所のホームページもすべてWordpressを利用しています。

WordPressは、テーマと呼ばれるテンプレートが有料・無料問わず豊富にあり、素人でもプロ並みのデザインが簡単にできるのが大きな特徴です。

また、プラグインという拡張プログラムを入れることで、例えばお問い合わせフォームの設置など、ホームページに必要となる様々な機能を強化することもできます。

最初は少し難しく感じるかもしれませんが、ある程度慣れてしまえば非常に扱いやすいシステムです。

書籍やインターネット上にも情報が豊富にありますので、これからホームページを作成する方はWordpressでホームページを作成するのがお勧めです。

レンタルサーバーはどの会社を選べばよい?

WordPressはサーバーにインストールして使うシステムです。そのため、多くの方はレンタルサーバーを利用することになるでしょう。

レンタルサーバーもたくさんの会社がありますが、その中でも私がお勧めするレンタルサーバーは、下記の2つです。

初心者に最適なのはロリポップ!

レンタルサーバーの会社もたくさんあるのですが、マニュアルも充実していて利用者も多く、初心者でも簡単に使うことができるロリポップ!がお勧めです。

ロリポップ!には、サーバーなどの難しい知識がなくても、Wordpressをインストールできる簡単インストールといった初心者向けのメニューがあります。

ですから、パソコンが苦手で知識もあまりない、という方はロリポップ!を選んでおけばまず間違いはありません。

そして、ロリポップ! は何よりもコストパフォーマンスが高いのも魅力のひとつです。

これだけのオプションを標準で装備している、安価で高機能なサーバーはなかなか他にありません。

一時期はサイトや管理画面の表示が非常に遅いという評判だったのですが、最近はその点も大幅に改善されています。

私がホームページの作成をお手伝いした顧客の間でも、ロリポップ!は特にストレスなく快適に利用できている、という声をいただいています。

ある程度の知識がある方はMixHostがお勧め

また、ある程度Wordpressなどの知識があり、もっと高機能で高速なサーバーを選びたいという方には、MixHostというレンタルサーバーがお勧めです。

MixHostは比較的新しいレンタルサーバーなのですが、高機能かつ高速なレンタルサーバーとして最近特に注目されています。

また、こちらもコントロールパネルからWordpressを簡単にインストールすることができるようになっています。

MixHostは、体感的にも数字的にも本当に速いです。

Googleのサイト評価基準には表示速度というのも指標として入っています(どの程度重視しているかはGoogleにしか分かりませんが)。

何よりも表示速度が速いというのは、サイトを閲覧する人のストレス軽減にもつながります。

難しい理屈はさておき、Wordpressはそのシステムの性質上、どうしても表示が遅くなりがちです。

ユーザビリティの改善という意味でもMixHostは非常に優れているサーバーだと思います。

ちなみに、私の事務所ホームページやコンテンツもすべてMixHostで運用しています。

一番肝心なのはコンテンツの中身です

ホームページは外注するにしても自作するにしても、肝心なのはコンテンツの中身です。

特に、士業のホームページに関しては、専門性を打ち出して運営することが重要になりますので、業務経験を積みながらホームページも成長させていきましょう。

ホームページ営業・集客方法は業務特化型・地域特化型が効果的
行政書士の仕事は非常に幅広く、世の中に需要のある分野だけでも数多くあります。 また、ホームページを開設している事務所も非常に多いですから、もしホームページで仕事を受注することを考えるのであれば、そうした数ある事務所の中から顧客に選ばれる内容にしなければなりません。 競合の激しい都市部など...

WordPressは検索エンジンとの相性が良く、検索エンジンで上位表示されやすい、とも言われていますが、これはあくまでもしっかりとした中身があることが大前提です。

中身の乏しいホームページは、顧客はもちろん、顧客を呼び込むための検索エンジンにも評価されることはありません。

ホームページを単なる名刺代わりに使うというのは、非常にもったいないと思います。

行政書士は専門職ですから、日々勉強や経験を重ねていれば、コンテンツの中身に事欠くことはないはずです。

自分の知識や経験をアウトプットする場としても、ホームページを存分に活用していきましょう。

行政書士事務所開業
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル