地域に行政書士業務の需要があるかをリサーチする

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士も商売ですから、マーケティングの基礎となるエリア特性の調査というのは非常に重要です。

そこに需要がないものを業務として掲げていてもまったく意味がありませんし、仕事を獲得することはできません。

もっとも、インターネットなどを使って広域に業務エリアを設定している場合は別ですが、経験も実績も乏しい新人行政書士には少しハードルが高くなります。

そこで、自分が開業する地域にはどのような業務の需要がありそうなのか、新規の顧客獲得は見込めそうなのか、といった点を総合的に判断していくことが求められます。

エリア特性をマーケティングする

まず、自分が開業する地域にはどのような企業などがあるのかを簡単にリサーチします。

インターネットや電話帳、地図などで調べたり、可能であれば自分の足で確認していくのもよいでしょう。

いわゆる大企業が多いのか、中小零細企業や個人商店が多いのか、などといった点をよく調べていきます。

行政書士の顧客となるのは、総務部門などがない中小零細企業や個人事業主が大半ですから、こうしたリサーチはとても大事なことです。

また、開業する立地が住宅街なのか、繁華街なのか、工場地帯なのかなど、どのような商業圏であるのかといった点も調査の基本となります。

次に、どのような業種の企業が多いのかを調べていきます。

工務店や土木関連、建設業、一般的なオフィスが多いのか、飲食店や商店が中心の繁華街なのか、といったものです。

例えば、建設業関連の企業が多い地域であれば、建設、産業廃棄物分野の仕事を獲得できることが期待できますし、外国人労働者の雇用などについての相談があるかもしれません。

また、飲食店や商店が中心の繁華街などでは、風俗営業許可や外国人の在留資格といった業務を見込むことができるかもしれません。

開業する地域による特性

開業を予定する地域が、いわゆる都市部なのか地方なのかでも大きな違いがあります。

都市部には都市部特有の需要があり、地方には地方特有の需要があるものです。

特に地方の場合、都市部ではあまり需要がないような業務であっても仕事になることが結構あります。

例えば、都市部では顧客が役所などに簡単に出向いてできる申請などであっても、地方では手続きのためにわざわざ遠方まで出向かなければならない、といったことも多々あるでしょう。

ですから地方であっても、行政書士に手数料を払ってでも代行してもらいたい、という需要が必ずあるものです。

また、行政書士事務所登録してから行われる事務所調査の際に、どのような業務の需要が高いのか、といった点をさりげなく聞いてみるというのも手です。

行政書士会に登録書類を提出後、登録が完了する間に事務所調査というものがあります。事務所調査は、所属する行政書士会支部の支部長などが登録申請者の事務所に足を運び、その場所が事務所として適格なのか、などといった点を調査するものです。支部長が事務所に来るということで、最初は緊張するかもしれ...

マーケティングは商売の基本です

今の行政書士事務所は、単に看板を掲げているだけでどんどん顧客がやってくるほど甘くはありません。

これはホームページ営業であってもまた然りです。

新人行政書士がいきなりホームページを使って全国展開し、集客するのは現実的に難しいと思います。

そのため、もしホームページでの集客を狙うのであれば、検索エンジン対策上、ある程度地域を絞らないと難しい戦いを強いられることになります。

行政書士も商売である以上、最低限、こうした基本的なマーケティングや施策を行った上で需要のある業務について個々に調べ、それにマッチした営業活動をしていくことが重要です。

マーケティングというのは、どの商売でも基本中の基本です。

これから開業する方や開業間もない方は、こうした点も検討材料としながら、自分のメイン業務を決めていきましょう。

よろしければフォローしてください