行政書士の開業本は読んでおいた方がいい?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士に関する書籍は専門書などもたくさん出版されていますが、いわゆる開業本と言われるものも多数出版されています。

Amazonなどで検索すれば多数の書籍が出てきますし、書店にもそうした書籍が並んでいるのを目にしたことがある方が多いかもしれません。

そうした書籍は、現役の行政書士が著者であることがほとんどなので、これから開業するにあたって参考になるところもあるでしょう。

もっとも、中には内容がイマイチ(あくまでも個人的な感想です)な書籍もありますし、書かれている内容もそれぞれです。

では、開業前や開業後に、こうした開業本というのは読んでおいた方がいいのでしょうか。

絶対的な方法論というものはない

結論から言ってしまうと、元も子もないのですが『読みたければ読めばいい』と思います。

開業本と一口に言っても、自分が開業してから今現在までのサクセスストーリーであったり、マーケティングや営業方法などといった集客に関するものなど様々です。

こればかりは内容を否定も肯定もできませんし、個人の自由なので何とも言えませんが、私としては『いいとこ取り』のつもりで読むのがいいのかな、と感じています。

というのも、行政書士の仕事というのは多岐にわたりますし、開業する地域性や業務の需要というのも様々です。

また、顧客の需要や営業のタイミングという要素も入ってきますので、『こうすれば顧客が集まる』『こうすれば集客できる』というノウハウには、絶対的な方法論はありません。

書籍を出版する行政書士というのは、それなりの実績や経験がある方でしょうから、かなりのノウハウをもっていると思います。

ただ、それが自分にマッチするのかどうかは、やってみないと分からないものなのです。

読み物としては面白いかもしれません

私自身は、さすがにもう開業本を買うことはありませんが、書店などで目立つ開業本などがあれば、興味本位で少し立ち読みしたりしています。

同業者が著している書籍ですから、なかなか面白いものもありますし、中には共感できるものもあったりして、読み物としてはとてもいいかな、とは思います。

ただ、前述した通り、マーケティングや集客などといったものは、どうしても地域性やタイミングというものに左右されるところが大きいものです。

新人行政書士の方は、あくまでも内容は参考程度か、『いいとこ取り』のつもりで読むのがいいのかな、というのが私個人の考え方ではあります。

実践できるものは実践してみてもよい

ただし、私も世に出ている開業本をすべて読んでいるわけではありません。

開業本にも様々なものがありますから、中には自分でもすぐに実践して結果が出せそう、という内容のものがある可能性も大いにあります。

ですから、本を読んでみて何かよいヒントが浮かんだのであれば、その方法をすぐ実践してみてもよいでしょう。

新人行政書士は実務の勉強も必要ではありますが、肝心の顧客がいなければ話になりません。

顧客を獲得するためには、やれることはどんどんやるべきですし、それくらいの気構えがなければ、新人行政書士が業務を受注することはできません。

そういった意味では、様々な開業本を読んでみて仕事の参考にしたり、新たな営業方法のヒントを得る手段として役立てるのもアリだと思います。

こうした開業本というのは高価なものではありませんし、とりあえず買ってみて、たとえ内容がイマイチであっても、それほど大した痛手はありません。

とにかく貪欲にヒントを得たい、少しでも自分に役立つノウハウを得たいという方は、色々と読んでみてもいいのではないでしょうか。

よろしければフォローしてください