行政書士登録したら開業準備中に新規ドメインを取得する

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

行政書士登録するための申請をし、事務所調査を経て登録証が交付されれば、晴れて行政書士として活動することができるようになります。

欠格事由に該当したり事務所調査でNGが出るようなことがなければ、通常は3か月程度で登録証が交付されるでしょう。

登録申請してから登録証が交付される期間は開業準備をすることになりますが、実務知識を覚えるための自己研鑽をしつつ、事務所ホームページの下地づくりをしておくといいかもしれません。

そこで、登録申請してから登録証が交付されるまでの間に、開業準備としてあらかじめ事務所の独自ドメインを取得して運用しておくことをお勧めします。

新規ドメインが評価されるには一定の時間がかかる

なぜ早めにドメインを取得しておくのかというと、新規ドメインが検索エンジンに評価されるまでに一定の時間を要するからです。

これには様々な説がありますが、およそ3か月程度の期間がかかるともいわれています。

ですから、その間にコンテンツを作成しながら運用しておくことで、できるだけ早く検索エンジンに評価してもらうことができるわけです。

また、ドメイン名の取得は早い者勝ちなので、自分の事務所名に合ったものを早めに取得しておくとよいでしょう。

なお、『独自ドメインの取得』自体の意味がよくわからない方は、インターネットで検索すればいくらでも情報が出てきますので、ここでは説明を割愛させていただきます。

正式な登録前でもコンテンツ作成はできる

登録前であっても、ホームページを作成してコンテンツを作成すること自体は問題ありません。

まだ正式な行政書士ではありませんが、開業準備中の期間を利用し、日々インプットした業務知識についてのコンテンツを書きためて運用しておきましょう。

もちろん、正式な行政書士ではありませんので業務を受注することはできませんが、業務に関する情報などをWEB上で公開することは行政書士でなくてもできます。

地域にWEB上で競合する行政書士が少なければ、開業してすぐに行政書士業務に関するキーワードで上位表示させることが可能かもしれません。

何より、実務知識を頭に入れてコンテンツを作成するというアウトプット作業は、自己研鑽するうえで効果的な方法です。

インプットした知識をアウトプットすることで理解が深まるというのは、行政書士試験の勉強と同じ理屈ですね。

また、質の高いコンテンツはSEO(検索エンジン最適化)対策という意味でも重要なので、ぜひ積極的に情報を発信していきましょう。

中古ドメインを利用する方法もある

検索エンジン対策としては、いわゆる中古ドメインを使うというのも選択肢のひとつです。

中古ドメインというのは、簡単にいえば過去に何らかのサイトで運用されていたことのあるドメインのことです。

Googleの検索アルゴリズムでは、運用歴や被リンク(他のサイトからのリンク)の数というのも評価対象になっていると言われています(以前よりも評価基準としては重要視されていないという意見もあります)。

ですから、長い運用歴があって良質な被リンクがついている中古ドメインであれば、はじめから検索エンジン対策で有利に働く可能性もあるということです。

ただし、中古ドメインの中には過去にペナルティ(順位を大幅に下げられたり、インデックスそのものを抹消されているドメイン)を受けていたり、あまり質のよくない被リンクがついていたりすることもあるので、当たり外れがあるため注意が必要です。

そのため、やはり新規ドメインを取得してサイトを育てていくのが無難かもしれません。

無料のホームページサービスは使わない

プロバイダーの中には、無料でホームページスペースを提供していたり、広告表示される代わりに無料でホームページスペースを提供しているサービスなどもあります。

しかし、こういったサービスの利用はお勧めしません。

特に、WEB集客を考えている方は、必ず独自ドメインを取得し、高速かつ安定性の高いサーバーでサイトを運用していくのが必須です。

独自ドメイン自体の運用コストは、年間で1つあたり数百円から数千円程度です。レンタルサーバーも月額で1,000円程度のコスト(サーバー会社やプランによって異なります)で済みます。

ビジネスでWEBを活用していくのであれば、この程度のランニングコストは微々たるものです。あらかじめ予算に組み込んでおきましょう。

ホームページの作成については、以下のコンテンツも参考にしてみてください。

ホームページは必須の営業アイテム

実績も経験も乏しい新人行政書士にとって、ホームーページの運用は必須といえます。

今や事務所のホームページがない、というのはビジネスの場で名刺を持ってません、というのと同じようなことです。

本格的にWEB集客を狙うのであれば、将来的には専門特化したサイトを量産していくなどの戦略が必要ですが、まずは土台となる事務所のホームページをしっかりと作成することから始めていきましょう。

今の検索エンジンはコンテンツの質を重視するようになっていますので、単に事務所案内程度のホームページではなく、質の高いコンテンツをできるだけ盛り込むことも重要です。

もっとも、WEB集客だけではなく、アナログ集客も並行して行うとリスク分散にもなりますので、開業当初からできることは何でもやってみることです。

行政書士事務所が数ある中で、事業として行政書士事務所を経営していくというのは、並大抵の努力では足りません。

開業準備する間も自己研鑽を怠らず、まずは見込み客を集客するための仕組みづくりという点にも着目していきましょう。