行政書士で開業するのは簡単~稼ぐ行政書士側になるなら話は別

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

行政書士試験に挑戦した方の目的は様々でしょう。

単なる自己啓発のためだったり、履歴書に行政書士資格保有なんて書きたかったり(転職で有利になるかはどうかは分かりませんが)、ダブルライセンスや他士業の資格をとるための練習台だったりなど。

そして独立開業するための目的で取得した方も少なからずいるでしょう。

行政書士として独立開業するのは難しいことなのかというと、はっきり言って簡単なことです。登録申請して30数万円の登録費用払うだけですから。

もし独身の方であれば、失敗してもリスクは少ないでしょうから、勢いで思い切って開業してもいいと思います。行政書士の仕事は世の中にあふれてますからね。

行政書士で開業するというのは、それほど難しいことではないのです。

開業する費用などたかが知れてます

行政書士として開業するのは、他の業種に比べるとハードルはとても低いと思います。

登録費用も30数万円、事務所は自宅事務所でもOK、仕事に必要な備品にかかるお金もそれほど高価ではない、開業に際して必ずしも借入れは必要ないなど、資金面でも開業しやすい業種といえます。

行政書士事務所を開業するにあたって最低限必要なものは?
行政書士で開業し、仕事を行っていくにあたっては、開業当初から事務所に備えておかなければならない備品などがあります。 事務所というからには、やはりそれなりの見栄えというのも重要です。 行政書士も法律専門職ですから、来客時などに恥ずかしくない程度のもの、守秘義務を考慮した備品などは最初から備...

インターネット上にも情報はあふれてますし、クラウドサービスなどを上手に使えば事務所にいなくても仕事はできます。

私が開業したころに比べれば、今は開業のハードルはとても低いですね。事務所の経費も自宅事務所ならランニングコストなどたかが知れてます。これから開業する方は本当に羨ましい。

ホームページ作成にしても、昔は外注したら数十万円かかりましたが、今はとても安く済みます。

自分で作成できる環境も格段に整っているので、事務所案内程度なら、少しスキルを勉強すれば自分でも十分作成できます。ホームページのランニングコストも微々たるものです。

事務所ホームページは外注?自作?~ホームページの作成について
現在は、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末でインターネットが手軽に利用できる環境にあります。 ですから、相談や依頼を考えている顧客が、事務所の情報を事前にある程度知っておきたい、という目的で、事務所のホームページを検索するということも十分に考えられます。 ホームページはいわば...

ということで、行政書士で開業するのはとても簡単でお金もかからないですし、何より国家資格者という肩書で一応信用も得られます。独立開業すること自体は、とても簡単なことなのです。

実務経験も下積みも不要です

行政書士として開業するにあたって、多くの方が心配するのは『実務経験なし』という点だと思いますが、これも心配無用です。

実務知識を得るための書籍も多々ありますし、役所のホームページも昔とは比べものにならないほど充実してます。

役所から出ている手引きや関連書籍を読み込んで、それでも分からないことは役所に問い合わせれば親切丁寧に教えてくれます。

なお、手引きにしっかり書いてある基本的な内容を役所に聞くのはNGです。担当者からナメられて、今後の仕事にも響きますので。

行政書士事務所での補助者経験も不要です。ほとんどない求人を探している時間がもったいないので、実務知識の自己研鑽に励みましょう。下積みなどする必要はありません。

数少ない補助者の求人を探して見つけるのはある意味、それなりに稼げる行政書士になるよりも難しいかもしれませんよ。

開業前に行政書士の補助者実務経験は必要か
行政書士は、行政書士登録を済ませて事務所調査を経れば、晴れて行政書士事務所として仕事ができるようになります。 しかし、これから行政書士登録をするにあたって、何の実務経験もなくて起業しても大丈夫だろうか、という心配をしている方も多いでしょう。 具体的には、開業前に行政書士の補助者やアルバイ...
新人行政書士は実務経験なしでも仕事ができるのか
これから行政書士で開業を考えている方や、登録したばかりの新人行政書士の中には、果たして実務経験なしで仕事がやっていけるのか、といった不安を抱いている方がいるかもしれません。 そこで、行政書士事務所で補助者やアルバイトとして、あるいは大きな事務所に入って実務経験を積んでから独立開業した方がいいの...

実務を経験することもそれほど苦労しない

そして何だかんだいっても、行政書士は国家資格者です。事務所のホームページを公開しているだけでも、ごくたま~にですが問い合わせや依頼はきます。

事務所の近所などにチラシなどを配布してもいいでしょう。事務所の存在を知ってもらうことで、もしかすると相談や依頼があるかもしれません。

また、これまでの人生経験で得てきた人脈をフル活用すれば、仕事を紹介してもらうことも不可能ではありません。ニーズは確実にありますので。

最初の1件の顧客をどのように獲得するか~人脈をフル活用
開業当初の行政書士には当然実績がありませんし、実績がなければなかなか信用を得ることもできません。 行政書士という肩書だけで、最初から信用されて仕事が舞い込むほど甘くはないのです。 では、どのようにまず『最初の1件』の顧客を獲得して、行政書士として信用を得られるまでになれるのでしょうか。 ...

要は、0を1にすることができれば、少なくとも同じ仕事であれば次は多少なりとも自信をもって取り組むこともできるようになるのです。

ただし稼ぐ行政書士側になることは話が別

前述の通り、行政書士で開業することは難しいことではありませんし、実務経験もあるに越したことはないけれども、なくてもまったく問題ないことです。

ただし、経営者として『稼ぐ』行政書士になりたいのであれば、上記のような行動だけでは不可能です。この程度で稼げる行政書士になれるほど甘くはありません。

行政書士というビジネスで稼ぐためには、マーケティングや集客力、徹底した自己研鑽、経営者マインドというものを鍛え上げていく覚悟と努力が必要です。

行政書士というビジネスで稼いでいくためには

行政書士という肩書だけがほしいのであれば、登録して年会費を払っていればいいことです。所属する支部によっては支部会費の支払いも必要かもしれません(微々たる金額だと思いますが)。

しかし、ビジネスとして稼ぐ行政書士となるためには、並大抵の努力では足りないですし、それなりの投資も必要となってきます。

新人行政書士は24時間365日働く気概が必要
これから行政書士として開業を検討している方の中で、もし、開業しても土日は休んで自分の時間をもちたい、などと考えている方はいるでしょうか。 そのような方は、残念ながら少なくとも行政書士での起業には向いていないので、やめた方がいいと言わざるを得ません。 起業するということは、まず仕事を獲得し...
行政書士は無料で集客できると思っていませんか?
今でこそビジネス感覚に優れた行政書士が増えてきましたが、いまだに集客にかかるコスト意識を軽視しているのが行政書士業界の現状です。 とりあえず事務所のホームページを作成して、知り合いに開業の挨拶状でも出して、行政書士会の集まりにでも参加しておけば仕事がくる、と思っている新人行政書士の方が結構多い...

経営者としては当たり前のことなのですが、これができずに廃業、退会してしまう方も少なくない世界です。厳しいようですが、ビジネスである以上はそれが現実です。

行政書士になることは簡単で資金もそれほど要しませんが、事業として稼いでいく経営を目指すのであれば話は別です。行政書士も商売である以上、誰もが稼げる側に入れるとは限りません。

もし、行政書士というビジネスで成功したいのであれば、ぜひ他のコンテンツも参考にしてみてください。

もっとも、私より桁違いに稼いでいる行政書士は数えきれないほどいるので、これが役に立つかどうかは保証できませんが。

サイトマップ(コンテンツ一覧)
新人行政書士事務所の開業・運営・実務マニュアルのサイトマップ(コンテンツ一覧)ページです。

経営者としての資質を高められるかどうかがカギ

冒頭では行政書士になるのは簡単、と書きましたが、それ自体は事実です。

ただ、行政書士として開業することは簡単でも、事業として稼いでいくというのであれば話は別であり、それには相当の労力とコストがかかりますよ、ということです。

行政書士だからといって安定した収入が得られるわけではありません。もし絶対に安定を求めるのであれば、行政書士で開業するのはやめた方がいいと思います。

安定を求めるなら行政書士にならない方がいい
行政書士で食えますか?、安定しますか?、といった話をよく聞きます。 これから開業を考えている方にとって、こうした点を懸念する気持ちはよくわかります。 しかし、行政書士になるということは、事務所の経営者になるということです。 行政書士の資格、肩書があるからといって、食えること、収入が...

『食えるだけのお金があればいい』などといった心構えでは、食えるどころか食えるだけの仕事が入ってくることはまずありません。

まして、『副業で小遣い程度のお金が稼げれば』なんて考えはもってのほかです。

小遣い稼ぎ程度の収入が欲しければ、もっと割のよい副業を見つけたほうがよいでしょう。小遣い稼ぎの感覚では、行政書士の仕事などとれませんので。

結局のところ、行政書士として稼いでいくためには、やはり経営者としての資質を高めていくことに尽きるのです。中途半端な気構えでは事業は成り立ちません。

家族がいる方は独立開業を簡単に決断することは難しいでしょうが、失敗してもリスクの少ない独身の方は、経営者となる覚悟をもって思い切って飛び込み、走りながら様々な経験を積んでいってもよいのではないでしょうか。

せっかく苦労して(しなかった有能な方もいるかもしれませんが)取得した資格なのですから、ぜひ若い方も本気で経営に挑戦してもらいたいものです。

自分で言うのも何ですが、行政書士はそれだけの価値がある資格だと思いますよ。