行政書士になって何を目指す?~目的意識を明確にすることも大切

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

行政書士になる目的やきっかけというのは、人それぞれだと思います。

『士業になりたかったから』『会社員でコキ使われるのが嫌』『満員電車はもううんざり』『漫画やドラマを見て』などなど。

ちなみに私が行政書士になったのは、もう満員電車で通勤するのが嫌になったから、という単純な理由です。これがあと何十年も続くのかと考えたら、もう嫌になっちゃったんですね。

行政書士の仕事なんて何も知りませんでしたが、とにかく現状を変えたい、もっと楽に仕事がしたい、という思いだけでした。まあ、きっかけなんてそんなもんです。

ただ、行政書士を目指すきっかけは何でもいいのですが、行政書士として開業するにあたっては、やはり目的意識、将来のビジョンというものを明確にしておくことが大事だと思うのです。

そうした目的意識、ビジョンがないままに開業してしまうと、結果として自分が望む現実とは真逆の方向に進んでいってしまうかもしれません。

行政書士が将来のビジョンを考える重要性

行政書士で開業すること自体は、登録申請して登録料を払い、事務所(自宅でも大丈夫)と必要最低限の備品を揃えておけば、とりあえず問題ありません。

行政書士という商売は、仕入も在庫もいらないですし、ある程度の自己資金があれば借入を行わなくても開業できてしまいます。

そういう意味では、開業前に抱いていたきっかけを達成することは簡単なことです。

ただ、そこにどのような目的意識、どれだけの収入を得たいのか、などといった明確なビジョンが伴わないと、経営者として事務所を息長く運営していくのは難しいかもしれません。

思い描いていたビジョンはなかなか達成できず

私自身は、開業前に『自分が好きなことをやれる時間の確保』と『最低でも年収1,000万円』という将来のビジョンを掲げて開業しました。かなりざっくりとした目標ですけど。

カネなしコネなし、勢いで開業してしまいましたが、収入については幸い開業後2年ほどで何とか達成はできました(他の有能な方に比べたらかなり遅いので恥ずかしいのですが)。

ただし、その代わりにプライベートな時間をつくるどころか、仕事はもちろん事務所運営であったり営業活動などで、とにかく死ぬほど忙しい日々が休みなく延々と続き、結果的に過労とストレスで入院も経験しましたね。

開業当初の行政書士というのは、とにかくあらゆる手段で集客して仕事をとり、24時間365日働くぐらいの意気込みをもって臨まなければなりません。

自己研鑽と実務経験を積み、とにかく仕事をすることが大事ではあります。集客の手を緩めることなく、死ぬほど忙しいということを経験しないと、その先を見据えたイメージを現実的に考えることが難しいからです。

そうした忙しさの中で、自分が開業当初に思い描いていたビジョンを達成するには、どのような仕組みをつくればいいのか、どのように動けばいいのか、といったことを常に考えていくことが大事なことなのです。

私はひ弱なので入院という憂き目に遭ってしまいましたが、退院後、もうひとつの目標である『自分が好きなことがやれる時間の確保』というビジョンを達成させるべく、早速実現に向けて動き始めました。

徹底した業務の効率化とアウトソーシング化を目指した

入院中にずっと考えていたのは、まず業務の効率化とアウトソーソング化です。

行政書士の仕事というのは労働集約型のビジネスです。

まともに仕事をしていたら、自分が必死になって働かないとお金にならない、つまり必死に売上を伸ばして経費を削減するくらいのことでしか、なかなか利益にならない仕事です。

ですから、集客の手は緩めずに、とにかく仕事をとりつつも、優良な外注先の確保を推し進めていきました。そうした仕組みが今は何とかうまく回っています。

集客に関しては、どうやったら見込み客が集まるのか、成約までこぎ着けることができるのかといったノウハウを死ぬほど忙しかった時期に蓄積していました。

ですから、集客からクロージングまでのスキルには自信がありましたし、実際に今でも結果を出すことができています。

そして、やっと自分の好きなこと、仕事に専念できる環境づくりができつつあります。こうして新人行政書士さんのためにコンテンツを書く時間もできましたしね。

ただ、どうしてもこの仕事は私にやってもらいたい、という顧客も中にはいらっしゃるので、それが今のちょっとした悩みの種です。とてもありがたいことではあるのですが。

売上や収入は、一人で死ぬほど休みなく必死でやっていたころよりは下がりましたが、やろうと思えばもっと仕事をとることはできます。何しろ死ぬほど働いて必死でノウハウを得ましたので。

でも今は、自分のやりたいこと、やりたい仕事にとりあえず専念できているので、しばらくは現状維持で無理なくやっています。もちろん、しっかり利益は出してますけど。

将来のビジョンというのは人それぞれ

行政書士はデスクワークの専門職だと思われがちですが、多分に肉体労働的な側面もあります。

ですから、生涯現役で仕事ができるとは思っていません。ある年齢に達したら、セミリタイア、あるいはリタイアしなければならない時が必ずやってくるでしょう。

たとえ自分が生涯現役でやれる気力があったとしても、年齢が80代、90代ともなると顧客側としては不安でしょう。もっとも、そこまで元気で長生きできるとは思ってませんが。

ですから、今すぐという考えはありませんが、いずれは法人化という組織化も視野に入れざるを得ないかなとは思っています。

業務の効率的な処理にマンパワーは絶対必要です。経営者として事業を営んでいる以上、雇用という面でもっと地域貢献したいとも考えていますし。

今までかなり無理して働いてきたところもあるので、もうセミリタイアしたい気持ちは少しだけあるのですけど、まだまだ理想の経営には程遠いところなので、そういうわけにもいきません。

何より、まだまだそれなりに稼ぎたいですしね。

行政書士で開業することを考えたきっかけ、将来のビジョンというのは人それぞれです。

とにかく自分一人の力でバリバリ稼いでいくのもよしですし、自己資金を十分に用意して銀行から融資を引っ張り出し、最初から組織化して大きく儲けていきたいというのもよしです。

また、支部長や単位会の会長、日行連の会長を目指す、なんてことでもいいでしょう(私はそういった政治的な方はまったく興味ありませんが)。

行政書士の仕事はかなり地味ですよ

開業前から綿密な事業計画などは必要ありませんが、やっぱり起業するからには、ざっくりでもよいので目的、ビジョンをもって経営に挑戦していくことが大事だと思います。

そうしないと、開業してからの現実に押しつぶされてしまいます。おそらく、開業前に思い描いていたことと現実の仕事は、相当かけ離れていると感じるはずですので。

特に、漫画やドラマなんかの影響を受けて行政書士になった方は、かなりのギャップを感じているでしょう。そもそもこの仕事は、ドラマ化されるほど派手な仕事じゃありません。

これから開業する方は、ざっくりでもよいので、ぜひ将来的な目標やビジョンをもって経営に挑戦してみてください。これは本当に大事なことだと思います。

ただし、死ぬほど忙しくなることも必要な経験ですから、そのあたりは覚悟のうえで。