開業前に行政書士の補助者経験は必要か

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士は、行政書士登録を済ませれば事務所を立ち上げることができます。

しかし、これから行政書士登録をするにあたって、何の経験もなく起業しても大丈夫だろうか、という心配をしている方も多いでしょう。

具体的には、行政書士の補助者として実務経験を積んだ方がよいのではないか、といったことです。

では、行政書士として起業するにあたって、補助者経験は必要なのでしょうか。

スポンサーリンク

そもそも補助者求人は少ない

結論から言えば、『補助者経験はあっても損はしないが、経験がなくてもまったく問題ない』といった程度です。

もちろん、何らかの実務経験があれば最初から自信をもって仕事に取り組むことができるかもしれませんが、自分で起業すれば嫌でも経験することになりますから、まったく問題ありません。

そもそも、補助者の求人というのは非常に少ないですし、求人を探す時間があるなら、自分で事務所を立ち上げてしまった方がメリットは大きいです。

また、補助者を使っている事務所の多くは、ルーチンワークや雑用、書類の提出などが補助者の主な仕事になっています。

このような経験が、開業するにあたって絶対に必要なのかは疑問です。

実務能力と経営者としての能力は別物です

行政書士として起業するということは、その瞬間から経営者になるということです。

補助者として経験を積んでおきたい、という気持ちも分からなくはありませんが、そこで経験することよりも、自分で起業して経験することの方が何倍も実になります。

それに、実務がどれだけできても、肝心の経営ができなければまったく話になりません。

実務能力があるにもかかわらず、経営能力がないために廃業していく人を、私は何人も見てきました。

実務能力と経営者としての能力というのは別物なのです。

ですから、行政書士として起業したいと思ったら、補助者経験などを求めず、できるだけ早く自分で起業して、経営者としてのスキルを磨いていった方がよいでしょう。

実務の基本というのは、近年の難しい行政書士試験に合格している方であれば問題なく理解することができますし、試験勉強に比べれば楽勝です。

どうしても実務面で不安なところがあるのであれば、先輩行政書士と親しくなって、あれこれ手伝ってみることで十分足ります。

また、何より、自分で仕事をした方が何倍も儲かります。

これから開業する、あるいは開業間もない方は、実務能力を磨いていくことも必要ですが、ぜひ経営者としての能力を磨くことにも注力しましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ