行政書士登録時の事務所調査について

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士会に登録書類を提出後、登録が完了する間に事務所調査があります。

事務所調査は、所属する行政書士会支部の支部長が登録申請者の事務所に足を運び、その場所が事務所として適格なのか、などといった点を調査します。

支部長が事務所に来るということで最初は緊張するものですが、事務所としての適格性に問題がなければ、よほどのことがない限り問題を指摘されるようなことはないでしょう。

スポンサーリンク

事務所調査はリサーチのチャンス

逆に、せっかくの機会なので、自分の開業する地域の特徴であったり、どのような仕事をしている行政書士が多いのかといった点を聞いてみましょう。

ただし、支部長というのは多忙ですから、かなり限られた時間での話になります。質問は最小限になるよう、事前にまとめておくとよいでしょう。

特に、自分の開業するエリアにどれくらいの行政書士がいるのか、どのような業務を行っている行政書士が多いのかといった情報は、これから営業活動やマーケティングを行う上で大切なデータです。

競合する業務が多いということは、そのエリアに需要があるということの証明です。むしろ、競合がいない場合の方が注意が必要かもしれません。

なぜなら、競合がいないということは、そのエリアにあまり需要がないということも考えられるからです。今後の営業活動にも大きく影響する部分ですから、そのあたりは慎重に検討しましょう。

先輩行政書士の情報をあらかじめ聞いておく

また、自分が予定している業務と同じ業務を扱っている方がいたら、できれば具体的な事務所名などを聞いておくとよいでしょう。

開業時にそうした事務所へ挨拶に出向くなどして顔と名前を覚えておいてもらうと、いざという時にアドバイスをもらえたり、助け舟を出してくれるような関係になれるかもしれません。

先輩行政書士の多くは、そうした時に快く新人行政書士の力になってくれます。実務で困ったことがあった時などに相談すると、これまでの経験で培ってきたノウハウを色々と教えてくれることがほとんどです。

ただし、相手にとっても自分にとっても、今後は競合相手ということになります。新人だからといってあまり頻繁にノウハウを引き出そうとすると、かえって敬遠されるようになってしまいます。

新人行政書士であっても、開業した時から事務所の経営者です。先輩行政書士のノウハウというのは大事な商品でもありますから、先輩行政書士を頼るのはあくまでも最終的なの手段として、あまり頼りすぎないよう気をつけましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ
スポンサーリンク