行政書士の年収は?~行政書士でどれくらい稼げるか

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

行政書士が食えない資格と言われる要因のひとつに、全体として年収ベースで見ても稼いでいる人が少ないということが挙げられます。

確かに、行政書士全体の7割強は年間売上高500万円未満という数字があります。

つまり、単純に計算すれば、事務所の諸経費や税金等を差し引いてしまえば、手取り年収500万円以下ということになります。

この数字だけを見れば、これから行政書士として開業しようとしている方は大きな不安を感じるかもしれません。行政書士で食える人は、たったの3割くらいしかいないのか、と。

それならサラリーマンのままでいる方がまだ稼げるのではないか、とも思うでしょう。

行政書士、実はかなり高年収になる確率が高い?

しかし、こうした売上(年収)に関する数字というのはまったく参考になりません。

すでに生活の基盤が年金に移っていて副業的に行政書士をやっている、あるいは肩書だけで実際の業務をまったく行っていないといった人も多数含まれているからです。

行政書士会の集まりなどに参加すると分かりますが、すでに公務員などをリタイアした、かなり年配の方も多いです。

つまり、行政書士を本業としていない、あるいは業務をほとんど(まったく)行っていない人たちの行政書士としての年収というのも、かなりの割合で入っている数字なのです。

ですから、その中でもある程度行政書士として稼いでいる、年収の多い人が3割近くもいるというのは、普通の起業に比べてもかなり高い数字なのではないでしょうか。

行政書士の平均年収データに意味はある?
これから行政書士として開業を考えている方は、少なからず行政書士の平均年収というのも気になるところだと思います。 しかし、この平均年収というのは、あくまでも平均に過ぎません。 インターネット上などでは、300万とか600万とか様々な数字が踊っていますが、本当のところの平均年収など誰にも分か...

近年の行政書士試験の合格率を考えると、試験に合格する難しさに比べれば、かなりの高確率で高年収で稼げる側に入れることになります。

もっとも、『行政書士の資格で食えるのか、高年収を得られるのか』という資格依存思考のままでいる限りは、残念ながら稼げる高年収の行政書士側に入ることはできません。

結局は経営者としての自覚がもてるかどうか

では、稼げる高年収の行政書士側に入るにはどうすればいいのかというと、すべては経営者としての自覚をもって事務所を運営できるかどうかにかかっています。

会社であれ行政書士であれ、商(あきない)をすることに何も変わりはありません。

世の中の多くの会社は常に、業務の効率化やコストダウン、他社と差別化を図るためのアイデアの捻出といった経営上のことに不断の努力を続けています。

これは士業、経営者である行政書士も同じことです。

資格を取ったからといっても、高年収どころか、それだけで食べていける、稼げるほど甘くはありません。

こうした点を理解して経営を実践していけるかどうかで、食えない行政書士側になるか、稼げる高年収の行政書士側になるのかが決まってくるのです。

高年収を得ることも決して夢ではない

行政書士も経営者として当たり前のことをしていれば、年収500万円どころか、1,000万円でも2,000万円でも、またそれ以上の年収を得ることも決して夢ではありません。

実際、そうした高年収の行政書士はたくさんいます。

こう言ったら多少語弊があるかもしれませんが、行政書士資格というのは、お金を効率よく稼ぐための便利なツールのひとつに過ぎません。

自分が仕事をしていくうえで、とても便利に活用できるツールのひとつです。

行政書士資格というツールを最大限利用し、経営者としての自覚をもって、ぜひ稼げる高年収側に入る行政書士を目指しましょう。

行政書士事務所開業
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル