行政書士の仕事がないというのは本当か?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

行政書士はとかく、食えない資格、仕事がない、などと言われることが多いものです。

確かに、世の中には食えない行政書士も、仕事がまったくない(仕事が取れない)行政書士も存在することは事実です。ネット上でも散々な書き込みが目立ちますね。

特に、これから行政書士を目指している方にとっては、こうしたネガティブな声が心配になるのも無理はありません。

しかし、行政書士として食べていくことは難しいのか、まったく仕事がないのか、というと、それは絶対的に間違っています。

なぜなら、ガンガン集客してガンガン稼いでいる行政書士は世の中にたくさんいるからです。

そもそも、行政書士に仕事がなければ、行政書士という資格はとっくになくなっています。単純明快な話ですね。

行政書士の仕事は世の中にあふれています

では、なぜ『食えない』『仕事がない』という行政書士が存在するのでしょうか。

例えば、世の中にはたくさんのラーメン屋さんがあり、美味しいラーメンを求めている人はたくさんいます。そして、繁盛している店もあれば、閑古鳥が鳴いている店もあります。

この違いは何かというと、そもそもの味であったり店の雰囲気であったり、店の立地であったりなどなど、様々な要因が考えられるでしょう。

行政書士も同じことで、世の中に行政書士の仕事を求めている人がたくさんいるのに、何らかの原因があって、繁盛している事務所と閑古鳥が鳴いている事務所が出てくるのです。

集客できない原因を自覚して改善していけるかどうか

例えば、サービスをうまくアピールできていなかったり、ホームページの質であったり、そもそも事務所の存在をアピールできていなかったり、様々な要因があると思います。

その原因を自覚して行動、改善できるかどうかで、食えない行政書士になるのか、稼げる行政書士になれるかどうかが決まってきます。

行政書士も商売ですから、まずは集客できないと話になりません。先にも述べた通り、行政書士の仕事を求めている人はたくさんいます。

コストをしっかりとかけ、サービスをうまく世の中にアピールすることができれば、少なくとも見込み客を集客することは必ずできます。

ただし、集客できたとしても、専門家としての自己研鑽が足りなかったり、見込み客とのコミュニケーション能力が足りない、などといったことでは、まず仕事をとることはできません。

行政書士は無料で集客できると思っていませんか?
今でこそビジネス感覚に優れた行政書士が増えてきましたが、いまだに集客にかかるコスト意識を軽視しているのが行政書士業界の現状です。 とりあえず事務所のホームページを作成して、知り合いに開業の挨拶状でも出して、行政書士会の集まりにでも参加しておけば仕事がくる、と思っている新人行政書士の方が結構多い...
行政書士の営業先は?~営業力は営業先を探すことではない
新人行政書士の方から『行政書士の営業先ってどこなんですか?』といったことを聞かれることがよくあります。 行政書士の営業先といわれても正直、私にもよくわかりません。 なぜなら、行政書士のサービスを必要としている見込み客というのは、世の中のどこにいるのかわからないからです。 これから会...
相談者を顧客にできる人とできない人の差は?
同業者の行政書士や他士業の方と話をしていると、『相談者はそこそこ集まるのに、なかなか仕事にならない』といったことをよく耳にします。 一方で、『とにかく事務所まで来てもらえば仕事にできる』という方もいます。 私自身は後者です。相談業務を基本的に有料で行っているということもありますが、事務所...

行政書士の強みを最大限に生かすこと

以前、ある公証人の方に、『行政書士法を見てると、行政書士の先生は何でもできるからいいね』と言われたことがあります。

確かに、行政書士法で定められている行政書士の業務範囲というのは、かなり漠然とはしていますが、逆に言えば『何でもできる』というのが強みにもなるのです。

そして『何でもできる』行政書士の仕事は、世の中にあふれています。

極端な話、事務所から外に出た瞬間に、行政書士の仕事となるネタはあちこちに転がっているといっても過言ではありません。

ただ、それを見込み客に対してアピールし、仕事を捕まえることができる人、できない人がいるだけの話なのです。

まずは自己分析をすることから

行政書士で稼ぐためにはまず自己分析をしてみて、行政書士として自分に足りないもの、逆に強みになるものを洗い出してみることも必要です。

例えば、対面での営業が苦手であれば、それに代わる集客手段は何かないだろうか、人と話すのが得意だから、これを何とか生かす集客手段はないか、などといったことです。

人には、必ず何かしら長所があります。

こうした自己分析を足がかりにして、これから行政書士として自分が活躍できる場を模索してみましょう。

繰り返しになりますが、行政書士の仕事は世の中にあふれています。需要は確実にあるのです。

儲かってる行政書士事務所の中には、集客しすぎて税金対策で依頼を断っているところもあるくらいですから。

その世の中にあふれている行政書士業務を獲得できるかどうかは、実務能力だけではなく、営業力や経営者としての資質を鍛えていけるかどうかにかかっています。

これから開業する人、開業間もない新人行政書士は、まず自己分析から自分の強みや弱点をできるだけ洗い出してみることです。

そして、自分なりの営業や仕事のやり方に知恵を絞り、世の中にあふれている行政書士の仕事を獲得するための努力をしてみてください。

どんな商売であっても、とにかく行動した者勝ちです。