事務所に表札掲げてますか?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士法施行規則には、行政書士は事務所に行政書士の事務所であることを明らかにした表札を掲げなければならない、と規定されています。

ですから、自宅事務所、賃貸オフィスにかかわらず、開業したら必ず事務所の表札を事務所に掲げなければなりません。

しかし、これが意外とやっていない行政書士事務所も多いのが実態です。

法律家である行政書士は法令を遵守しましょう

もっとも、開業してからいつまでに表札を取り付けなければならない、ということは明記されていませんし、職印などと違って、これがなければ仕事ができない、というものでもありません。

ですから、特に自宅事務所の方は表札を掲げていないケースも多々あります。

しかし、私たち行政書士は法律専門職ですから、当然法令は遵守しなければなりません。

自宅事務所の場合、特にマンションなどでは、目立つ表札を掲げられないといった事情はあるにしても、法令で定められている以上は、やはり表札を取り付けるべきです。

そもそも表札というのはどういうもの?

行政書士事務所の表札というのは、事務所名などが明記された表示板です。

できれば大きくて目立つものが望ましいですが、それぞれの事務所の実情に合わせて作ってもらうのがよいでしょう。

ちなみに、私の事務所ではドアに一枚、階段に一枚、事務所前に大きな看板が一枚と、3枚も取り付けていて、誰が見ても、ここが行政書士事務所であることが分かるようにしてあります。とにかく目立ちたかったので。

表札や看板を取り付けたからといって、それで仕事が増えるわけではありませんが、来客などがあった際に表札も何も取り付けていないと、やはり信用面でもマイナスです。本当にここが事務所なのか?と思われてしまいます。

ですから、開業したらできるだけ早めに表札を取り付けましょう。

表札の作り方

表札を作るといっても、自分で作るわけではありません。そういうものを作るのが趣味で、立派なものを自作できる方は別ですが。

通常は表札を作ってもらえるお店や看板屋さんに注文します。

仕事柄、やはりある程度クオリティの高いものが望ましいので、サンプルなどを見せてもらえるようなところで注文するのがお勧めです。

また、最近はインターネットでも高品質で安価なものが注文できますから、そうしたものを利用するのも便利でしょう。

そして繰り返しますが、表札の掲示は法令上の義務です。

法律を遵守しなければならない行政書士としては、開業してからいつまでも表札を掲げない、というようなことがないようにしましょう。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!

関連コンテンツ