行政書士開業時に節約できるところを考えましょう

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

行政書士として開業するにあたっては、当然のことながら開業資金が必要です。

また、事務所ですから、ある程度事務所らしい見栄えや、仕事をする上での機能性というのも大事になってきます。

しかし、お金を使うところと節約するところをしっかり考えていくことで、かなり開業資金を圧縮することができます。

開業したばかりの行政書士は、まず事務所の存在を一人でも多くの人に知ってもらうための営業活動や広告費といった部分に資金を使わなければなりません。

どの部分で開業資金を最も節約できるかというと、やはり高額になるオフィス用品です。

オフィス用品は中古で十分

事務所用品の中でもオフィス用品というのは、新品で買うとかなりの高額になります。

しかし、デスクや応接セット、本棚や書庫といったものは、あまりにもボロボロでなければ中古でも十分です。

ちなみに、私も開業時にデスクと書庫、本棚は中古で揃えましたし、それでいまだに不自由を感じたことはありません。

今は中古オフィス用品もインターネットでも手に入るようになりましたが、できれば中古オフィス用品を取り扱っているお店で、自分の目で状態を確認してから購入した方がいいかもしれません。

なぜなら、やはり中古ですから状態というのは様々ですし、実店舗であれば、さらに値引き交渉ができる場合もあります。

オフィス用品というのは機能性はもちろん、事務所の見た目にも重要な要素になります。上手に中古品などを利用して開業資金を節約することをお勧めします。

OA機器に関しては中古はNG

ただし、OA機器に関しては中古品の購入はお勧めできません。

特にパソコンまわりのOA機器の性能というのは、仕事をする上での作業効率などにも大きく影響してきますから、ここはお金をかけるべきところといえます。

実際に仕事をするようになると、かなり大量の事務処理が必要になってきますから、それに耐えうる機能や性能というのが大事だからです。

資金的な問題で、どうしても中古で買わざるを得ない場合には、機能や性能などを確認したうえで、保証などがしっかりしているものを選びましょう。

椅子にはお金をかけた方がいいかもしれません

なお、オフィス用品であっても、自分が座るための椅子に関しては多少お金をかけた方がいいかもしれません。

なぜなら、一般的な事務用の椅子というのは、あまり長時間の事務作業には向かないものが多いですし、経営者が座るには見た目がイマイチのものが多いからです。

経営者らしい見た目はもちろん、機能性にもこだわると作業効率も良くなります。

椅子に関しては、自分にフィットしたものをじっくり選んで買うようにすることをお勧めします。

節約した資金は営業活動に回す

開業したばかりの行政書士が一番お金をかけるべきところは、やはり自分の事務所を一人でも多くの人に知ってもらうための営業活動です。

人脈を広げるための活動であったり、チラシなどのアナログ媒体、WEBでの集客を狙うのであればWEBサイト作成コストやリスティング広告での集客など、できる限り顧客となる可能性のある人を集めるために資金を使うことです。

もし、タダで新規顧客を獲得しようなどと考えている方は、今すぐに考え方を改めましょう。事業として行政書士事務所を運営していくのであれば、事業への投資というのは絶対に必要です。

オフィスの見栄えにこだわっても、肝心の顧客がいなければ何の意味もありません。

節約できるところとお金を使うべきところをしっかりと見極め、自分の事務所の存在、サービスを一人でも多くの人に知ってもらうことに注力しましょう。