行政書士事務所開業の費用について

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士事務所を開業するにあたっては、最低限、行政書士会への登録費用、オフィス家具、電話やインターネット設備、パソコンなどが必要となります。

必要な費用については個人差がありますが、これだけは必要、揃えておきたいといったものを挙げてみましょう。

スポンサーリンク

行政書士事務所開業に必要な費用・備品など

行政書士事務所の開業にあたっては、主に以下のような費用、備品、設備等が必要です。

行政書士会への登録費用

行政書士となるためには、行政書士会への登録が必要です。

行政書士の登録費用は、所属する都道府県により若干異なりますが、登録料や入会金のほか、職印や戸籍謄本などの諸経費で約35万円ほどになります。

オフィス家具など

机や椅子、書籍などを保管する本棚や書庫などが必要です。

このあたりは購入方法などによって差が出てきますが、机と椅子で約3万円、本棚が約1万円、書庫が約2万円で、合計約6万円程度と見積もっておけばよいと思います。

なお、机や椅子は安い家庭用のものではなく、できれば事務用のものを選びましょう。これだけでもかなり見た目が事務所らしくなります。

また、行政書士の仕事は個人情報や機密情報を扱う関係上、必ず鍵のかかる書庫を選んでください。こうした書類などを、簡単に人の目に触れるような場所に保管するのは、法律で守秘義務が課せられている行政書士として論外です。

通信機器・設備など

通信機器としては、電話とFAX、携帯電話は必須です。

特に自宅開業の場合、自宅の電話回線と事務所の電話回線は分け、依頼人に失礼のないようにしなければなりません。

また、携帯電話の費用は経費計上する関係上、できればプライベート用と仕事用を分けて所有することをお勧めします。

電話とFAX機能が付いた電話機であれば、約2万円ほどで購入できるでしょう。

そして、パソコンとインターネット回線、プリンターも必要となります。

パソコンが約10万円、インターネット回線の導入が約1万円、各種ソフトウェアが約7万円、プリンターが約4万円で、合計約22万円程度になるでしょうか。

なお、プリンターに関しては、一般的なA4サイズのものではなく、A3サイズが印刷できるものを選ぶことをお勧めします。

なぜかというと、定款や契約書などは見開きで作成しなければならないためです。

ちなみに、裏技としてA4でプリントアウトし、コピー機で2枚を並べてA3で印刷するという方法もありますが、これはかなり手間がかかります。

当面の生活費用

この点が最も大切な点ですが、開業してからの当面の生活費は必ず用意しておきましょう。生活ができなければ行政書士を続けることもできません。

これも家族構成などの事情により個人差はありますが、一般的な家庭の生活費が月に約30万円として、最低6か月分、約180万円ほどは確保しておくのが安心です。

その他の費用

開業時から事務所を借りるのであれば、事務所の敷金や礼金などが必要です。この場合は生活費と同様に、当面の事務所家賃なども確保しておかなければなりません。

また、開業する地域によっては車などが必要となる場合もあるでしょう。

必要なものは最初からきちんと揃えておきましょう

開業時はできれば出費を抑えたいと考えがちですが、最低限のものは揃えておかないと、業務に支障が出てしまいます。

その結果、余計な時間やお金を使うことになってしまっては本末転倒です。

もちろん、例えばオフィス家具などは中古で済ますなど、購入方法によって費用を抑えることはまったく問題ありません。

費用を抑えられるところと、費用をかけなければならないところをはっきりさせるのが重要ということです。

これから行政書士事務所の開業を考えている方は、こうした点を考慮しながら検討してみましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ