どのような事務所名にするのがよいのか

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士事務所を開業するにあたっては、必ず事務所名を決めなければなりません。

すでに開業している事務所の名称は様々です。最近はインパクトを狙ったと思われる事務所名をつける方も多いですね。

事務所名は、○○行政書士事務所、行政書士○○事務所、行政書士○○法務事務所など、基本的に行政書士事務所であるということが表記されていれば問題ありません。

逆に、行政書士という文言が入ってないと登録できませんので注意しましょう。

基本的に事務所名はそれほどこだわらなくてもいい

こんなことを言うと元も子もないですが、基本的に事務所名についてはそれほどこだわる必要はないと思います。必死に頭をひねって考えるほどのことではありません。

もし万が一、最初に決めた事務所名が気に入らなくなったら、変更届を出せば変えることも可能です。

ですから極端な話、顧客がわかりやすい名称であれば何でもいいのです。

シンプルに、〇〇行政書士事務所といったような、行政書士事務所だということが分かれば特に問題ないでしょう。

それでも事務所名にこだわりたい人は

ちなみに、私の事務所名は『行政書士鈴木法務事務所』です。

鈴木さんは行政書士に限らず全国にたくさんいるのですが、最初はシンプルに『鈴木行政書士事務所』にようと考えていました。

しかし、これから商売を行っていくにあたって、念のためその道の方(?)に画数が良いかどうかのアドバイスをもらいに行ったところ、鈴木行政書士事務所は商売上あまり縁起がよくないということで、今の事務所名にしたように記憶しています。

今考えれば、別にそんなことでこだわる必要はなかったと思います。

全国の鈴木行政書士事務所の方々、ごめんなさい(鈴木さんはたくさんいると思うので)。

ということで、占いが好きな方ややゲン担ぎを気にする方は、その道の方にアドバイスをもらってもいいかもしれません。

もっとも、それで決めた事務所名によって商売繁盛につながるかどうかは保証できませんが。

一応地域内の事務所名は調べておいた方がいい

ただし、同じ地域内・支部内に同一名称の事務所がないかどうかは、念のため調べておいた方がいいかもしれません。

まったくの同一名称だと顧客にとっては紛らわしいですし、電話帳などに掲載される際も、同一名称だとわかりにくくなってしまいます。

また他士業、特に弁護士事務所は『法律事務所』という名称が多いので、『法務事務所』という名称を使っている方は、弁護士事務所と間違われて問い合わせが来ることもあるでしょう。

実際、私の事務所でも弁護士事務所と勘違いした方からの問い合わせが非常に多いです。

これからずっと長く付き合っていく事務所名ですが、それよりも大事なことは、これから行政書士として商売がうまくできるかどうかだけです。

事務所の名称などは簡単にささっと決めてしまい、地域内で事務所を認知してもらうための活動に力を入れていきましょう。

よろしければフォローしてください