安定を求めるなら行政書士にならない方がいい

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士で食えますか?、安定しますか?、といった話をよく聞きます。

これから開業を考えている方にとって、こうした点を懸念する気持ちはよくわかります。

しかし、行政書士になるということは、事務所の経営者になるということです。行政書士の資格があるからといって、食えること、安定することの保証はどこにもありません。

経営というのは、成功する人も失敗する人もいます。これは行政書士であっても決して例外ではありません。まずはこの点をしっかりと自覚した上で開業を検討しましょう。

行政書士の仕事に安定はあり得ない

行政書士業務の中でも、更新など継続業務になり得る建設業許可申請などは、人気の分野でもあります。

継続業務になるということは、事務所経営の今後の安定にもつながるという考え方があるからです。

しかし、例えば、新規の建設業許可申請の仕事を取れたからといっても、次に更新を頼まれるという保証はどこにもありません。

もしかすると、更新は他の行政書士に依頼されてしまうかもしれませんし、業者そのものが倒産してしまうこともあります。

そういう意味では、どのような分野であっても行政書士の仕事に完全な安定などはあり得ません。

安定を求めるならサラリーマンの方がいい

もっと言うと、もし安定を求めているのであれば、行政書士になどならずに、サラリーマンのままの方がいいです。

もっとも、今の時代、サラリーマンも決して安泰ではありませんが。

行政書士で起業するということは、安定した収入よりも、自分の力でどこまで儲けられるかという経営者マインドに切り替えなければなりません。

ただ、残念ながらそのような経営者マインドに切り替えられずに、廃業してしまう方も数多くいるのが現実です。

世の中の一般的な企業も、業務の効率化やコストダウン、他社との差別化を図るといったアイデアの捻出に日々努力を重ねています。

行政書士の仕事も同じように、経営者としていかに儲けられるか、利益を出せるのかといったことを常々考えて実践していかなればなりません。

これができるかどうかで、事務所を存続できるのかどうかが決まってしまうのです。

生存競争に身を置く覚悟をもちましょう

経営者としての評価というのは、どれだけ儲けているかです。いくら実務能力が高くても、肝心の儲け、利益を出せない経営者は容赦なく淘汰されてしまいます。

行政書士になるということは、そうした厳しい生存競争に身を置くということです。

これから開業する方は、どうかその点を十分に覚悟したうえで決断してください。

厳しいようですが、こうした状況で儲けることを楽しめるくらいの気持ちがなければ、この世界ではやっていけません。

実務能力というのは、今の難しい行政書士試験に合格した人であれば、何回か業務を経験すれば十分身につきます。

実際の実務ができるかどうかを心配する前に、行政書士として儲けるためには、何をしなければならないのかをよく考えましょう。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!