開業後はどこにお金をかけるべきか

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士登録を済ませても、それだけで仕事がやってくるわけではありません。行政書士として仕事をするためには、何らかの営業活動が必要です。

そのためにはまず、自分の存在を世の中にアピールしなければなりません。誰も自分の存在を知らなければ商売として成り立たないからです。

自分の存在を世の中にアピールする手段は様々あります。

開業したばかりの行政書士は、とにかくできる限りの方法で存在を知ってもらうための部分にお金をかけるのが重要です。

事務所の看板は後回しでもいい

開業当初から立派な看板をまず立てている方もいますが、確かに近隣の人や通りすがりの人には事務所をアピールできるかもしれません。

しかし、費用対効果を考えると、事務所の看板よりも先にやるべきことがあります。

最初から看板を立てる費用があるのであれば、その分を人脈形成のための活動や様々な広告費に使った方が自分の存在を広くアピールできるはずです。

例えば、様々な異業種交流会に参加して名刺交換するとか、事務所のチラシを作成して配ってみるとか、ホームページを充実するための勉強に時間を割くなど、とにかくできるだけ多くの人に自分の存在を知ってもらうための活動が優先です。

事務所の看板を立てるというのは、ある程度仕事が入ってくるようになってからでも遅くはありません。

費用対効果の高い広告を模索する

事務所の宣伝、つまり広告というのは、事務所の地域性や扱う業務によって効果的な方法が異なります。

ですから、まずはターゲットとなる顧客にアピールできる手段をよく考え、そこに広告費をかけることになります。

法人向けのサービスであればDMや電話・FAXでの営業であったり、できる方は飛び込み営業を行ってもいいでしょう。

また、個人向けのサービスであれば、折り込みチラシやポスティングチラシ、ホームページからの集客などを行う、といったことです。

自分の顧客となる層を見極め、予算の許す限り、最も効果の高い方法を試行錯誤しながら実践してみましょう。

開業当初は人脈が頼りになる

業務の実績がない新人行政書士にとって、人脈というのはとても重要です。

友人や知人の信用を借りて仕事をもらい、とにかく実績をつくることです。そのためには、やはり自分のアピールというのが大事になってきます。

そうした他力を最大限に使いながらも、絶えず自分をアピールするための活動を日々行っていくことで、信用や実績というのが自然とついてきます。

行政書士の仕事は世の中にあふれています。事務所にこもって思い悩むよりも、まずは外に飛び出して自分をアピールしていきましょう。必ず結果がついてくるはずです。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!