開業後はどこにお金をかけるべきか

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

行政書士登録を済ませても、それだけで仕事がやってくるわけではありません。行政書士として仕事をするためには、何らかの営業活動が必要です。

そのためにはまず、自分の存在を世の中にアピールしなければなりません。誰も自分の存在を知らなければ商売として成り立たないからです。

自分の存在を世の中にアピールする手段は様々あります。

開業したばかりの行政書士は、とにかくできる限りの方法で存在を知ってもらうことや、自己研鑽のためにお金をかけるのが必要となってきます。

事務所の看板は後回しでもいい

開業当初から立派な看板をまず立てている方もいますが、確かに近隣の人や通りすがりの人には事務所をアピールできるかもしれません。

しかし、費用対効果を考えると、事務所の看板よりも先にやるべきことがあります。

最初から看板を立てる費用があるのであれば、その分を人脈形成のための活動や様々な広告費に使った方が自分の存在を広くアピールできるはずです。

例えば、様々な人が集まる場で名刺交換するとか、事務所のチラシを作成して配ってみるとか、ホームページを充実するための勉強に時間を割くなど、とにかくできるだけ多くの人に自分の存在を知ってもらうための活動が優先です。

事務所の看板を立てるというのは、ある程度仕事が入ってくるようになってからでも遅くはありません。

ただし、行政書士事務所の表札については、開業したら掲示する義務があります。表札は開業後すぐに掲示するようにしましょう。

費用対効果の高い広告を模索する

事務所の宣伝、つまり広告というのは、事務所の地域性や扱う業務によって効果的な方法が異なります。結果を出すためには、マーケティングの知識もある程度は必要でしょう。

ですから、まずはターゲットとなる顧客にアピールできる手段をよく考え、そこに広告費をかけることになります。

法人向けのサービスであればDMや電話・FAXでの営業であったり、できる方は飛び込み営業を行ってもいいでしょう(効率という面ではあまりお勧めできませんが)。

行政書士はまず存在を知ってもらうこと~DM編
行政書士も商売ですから、登録してただ待っていても、存在が知られていなければ当然仕事の依頼が来ることはありません。 どのように存在を知ってもらうかは様々な方法がありますが、営業方法のひとつとしてダイレクトメール(DM)は工夫と送付先次第では有効な方法となり得ます。 もっとも、DMはただ闇雲...
行政書士はまず存在を知ってもらうこと~FAXDM編
行政書士の営業方法は様々ありますが、FAXDMという方法もあります。 FAXDMとは文字通り、ターゲットとなる見込み客へFAXでDMを流す手法です。すでに開業されている方は、様々な業者などからFAXDMが来ているかもしれません。 私の事務所にも、毎日のように様々な業者などからFAXが届き...
飛び込み営業は行政書士の仕事につながる?
営業活動というと、とにかく一軒一軒、靴底をすり減らしながら汗をかき回る、といったイメージがあるかもしれません。 実際、こうした『どぶ板』営業活動を行っている世の中の企業はとても多いのですが、行政書士が業務を獲得する手段としてはどうなのでしょうか。 行政書士の仕事を獲得するうえで、飛び込み...

また、個人向けのサービスであれば、折り込みチラシやポスティングチラシ、ホームページからの集客などを行うなどといったことです。

自分の顧客となる層を見極め、最も効果の高い方法を試行錯誤しながら実践してみましょう。広告というのは『育てて』結果を出していくものです。

事業として成り立たせる集客というのは、今どきタダではできません。

WEB集客にしてもアナログ集客にしても、相応のコストをかけて取り組まなければ結果を出すことはできないことも頭に入れておきましょう。

自己研鑽のための投資は惜しまない

行政書士の業務というのはとても幅広い知識が必要です。

ですから、実務知識を得るために常日頃から自己研鑽にも励む必要があります。そのためには様々な書籍や資料の読み込み、情報収集といったことも重要なことです。

知識不足で機会損失をしないためにも、自己研鑽のためには惜しまず投資しましょう。これは専門家として当たり前のことです。

いくら集客できたとしても、実務知識が乏しければ見込み客のニーズをくみ取ることもできませんし、見込み客と対等に話ができなければ、クロージングまでこぎ着けることは困難です。

開業当初は人脈が頼りになることも

業務の実績がない新人行政書士にとって、人脈というのはとても重要です。

まずは友人や知人の信用を借りて仕事をもらい、とにかく実績をつくることです。そのためには、やはり自分のアピールというのが大事になってきます。

とにかく、0を1にすることに全力を傾けてください。

そうした他力を最大限に使いながらも、絶えず自分をアピールするための活動や自己研鑽を日々行っていくことで、信用や実績というのが自然とついてきます。

0を1にすることができれば、1を10、20にすることはそれほど大変なことではありません。

行政書士の仕事は世の中にあふれています。事務所にこもって思い悩むよりも、まずは外に飛び出して自分をアピールしていきましょう。必ず結果がついてくるはずです。