専業行政書士は商売として成り立つのか

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士だけで身を立てている人の割合というのは、実はそう高くありません。

例えば、他士業との兼業であったり、他に安定した収入源をもっている、いわゆる副業行政書士であったり、あるいは生活基盤は年金という方も多数います。

正確な数字はわかりませんが、実際の感覚としては、行政書士専業という方は全体の1~2割程度といったところでしょうか。

では、新人行政書士が専業で商売を成り立たせることは可能なのかどうかを考えてみたいと思います。

専業と副業どちらがよいのか

私自身は専業行政書士ですが、一応それで何とか身を立てています。

専業と副業のどちらがよいのか、というのはそれぞれの状況により異なりますが、個人的には生活ができればどちらでも構わない、と思っています。どちらが良い、悪いというのはありません。

ただし、行政書士の仕事、特に許認可系の仕事というのは、書類作成や役所との折衝、打ち合わせなどの時間コストをしっかり意識しないと、まったく割に合わない仕事をすることになってしまいます。

単に依頼された仕事を一人でこなすということになると、専業行政書士で採算をとっていくのは非常に大変です。

ですから、時間コストと手間をできる限り減らしていくという工夫や仕組みづくりが重要になってきます。

具体的な仕組みづくりとは

では、具体的にどのように時間コストや手間を削減していくのかというと、やはり他力を活用するしかありません。

例えば、一件の仕事に対して複数の行政書士で対応する仕組みを構築しておく、といったことが考えられます。

こうした仕組みがうまく回るようになってくると、専業にしても副業にしても時間コストや手間が分散できますから、効率的な仕事ができるようになります。

一件の一人当たりの報酬額は当然少なくなりますが、その分の時間を違う仕事に割り当てることができるので、一人ですべてを完結するよりも、結果として利益は出せるはずです。

また、ある程度利益が出るようになってきたら、補助者を雇ってルーチンワークを任せてしまうことで、さらに効率や利益が上がってきます。

売上よりも利益が出る事務所経営を目指す

正直、専業行政書士が一人だけで利益を出していくのは、とても難しいことです。

しかし、経営者として知恵を絞って効率化や時間コストの削減などに取り組んでいけば、十分専業行政書士は成り立ちます。

目先の売上よりも、先を見据えた利益の出せる経営を目指すことが大切です。

もっとも、他力を活用する以上は、まず信頼できる人脈を作っていくことが重要です。行政書士として仕事をする上では、この人脈形成というのは絶対に欠かせません。

まだ仕事を始めたばかりの新人行政書士にはピンとこないかもしれませんが、もし専業行政書士として身を立てていくのであれば、最小限の動きで最大限の利益を出す、という仕組みづくりも考えてみましょう。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!

関連コンテンツ