行政書士のスタートラインは仕事を獲得してから

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士試験に合格し、その後の行政書士登録も済ませ、さてここからがスタート、と言いたいところですが、登録して事務所を構えた時点がスタートラインというわけではありません。

行政書士も商売なので、当然のことながら仕事をしてお金を稼がなければなりません。

そのためには、まず仕事を獲得しなければならないのです。ですから、行政書士としての仕事を獲得してからが本当のスタートラインとなります。

商売人としての資質を磨いていきましょう

はっきり言ってしまうと、行政書士試験に合格することは、それなりに勉強すれば誰でも可能です。しかし、行政書士で食べていけるかどうかはまた別問題です。

行政書士事務所を構えても、最初から商売人としての自覚と資質を高めていかないと、あっという間に市場から淘汰されてしまいます。これは行政書士に限らず、どんな商売でも一緒です。

行政書士の資格というのは、単に商売をするためのツールに過ぎません。

経営者としての自覚と資質を高めるためには、最初はとにかく仕事をがむしゃらに獲得するための努力が必要なのです。

商売には確かにセンスや運も必要ですが

経営者として成功するかどうかは、センスや運という要素も確かにあります。

しかし、経営センスというのは商売人としての自覚をもって続けていれば自然と身につきます。また、運というのは自分で引き寄せる努力をしていけば、必ず何らかの転機というものが訪れるはずです。

実際、私の最初の仕事というのは、あるトラブルにまつわる示談書の作成でした。開業したばかりの私にとっては、とても不安で苦労した案件です。

しかし、運がいいことに、その仕事の依頼者がたまたま、ある企業の経営者だったのです。

そして、雑談の中で行政書士の仕事についてあれこれと説明したところ、自社の仕事はもちろん、他の会社の仕事もいくつか紹介してくれました。

自分でも本当にラッキーなスタートだったと思います。

これはまさに運の要素ですが、その前の段階で、とにかくがむしゃらに営業活動を行っていた結果です。

今では、当時ほどがむしゃらに営業活動をすることはなくなりましたが、運を引き寄せるためには、自分で思いつく限りの営業活動を愚直に続けていくことが大事なのだと、その時に学んだのです。

商売の成功に絶対はありません

もちろん、私の経験というのは本当に運がよかったとしか言いようがありません。

そして逆に、どれだけ努力しても、こうした運に恵まれずに廃業してしまう方が数多くいるのも現実です。

行政書士だけでなく、商売の成功に絶対はありません。

これから行政書士として開業し、身を立てていこうとしている方は、そうした覚悟と努力をもって経営にあたっていくことが重要です。

経営センスを磨き、運を引き寄せるためのがむしゃらな努力を続けて、仕事を獲得してからが本当のスタートラインです。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!

関連コンテンツ