新人行政書士は24時間365日働く気概が必要

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

これから行政書士として開業を検討している方の中で、もし、開業しても土日は休んで自分の時間をもちたい、などと考えている方はいるでしょうか。

そのような方は、残念ながら少なくとも行政書士での起業には向いていないので、やめた方がいいと言わざるを得ません。

起業するということは、まず仕事を獲得して商売にしていかなければなりません。

そして、開業当初の行政書士事務所の存在は世の中に知られていません。

まずは自分の事務所では何ができるのかをアピールしながら、業務を獲得していく努力を、それこそ休みなく続ける必要があります。

集客することにリミッターをかけない

そうしてがむしゃらに営業活動を行い、初めての仕事を得て、苦労しながらも業務を行い、その間も営業活動に励むのです。

そうした努力を日々続けていれば、土日は休んで自分の時間をもちたい、などとは言ってられなくなるはずです。

また、営業活動の結果が出て、業務を多数受注できたとしても、そこで集客することの足を止める必要はありません。

むしろ結果が出ていれば、その方法をどんどん続けるべきです。

新人行政書士は、とにかく『忙しくなること』が重要ですから、もうこれ以上は無理かも、というリミッターは外しましょう。

とにかく集客しまくり、忙しくなることが必要なのです。

もし、どうしても自分の許容量を大幅に超えてしまうようであれば、アウトソーシングするなり、仲間に業務の一部を手伝ってもらうなど、いくらでも業務処理の方法は考えられます。

行政書士は他力を使うことも必要です
行政書士は一般的なサラリーマンと違い、営業から業務の受注、書類の作成や手続き、役所や他士業との折衝など、一つの仕事を完結させるために一人で様々な動きをしなければなりません。 そこで問題となってくるのは、自分一人で抱えることのできる仕事量は限られる、という点です。 業務を多数抱えていると、...

成功している人は例外なく最初から忙しくしている

そうして仕事がどんどん増えていくと、自分で処理できるキャパシティを超えてくるようになるでしょう。

そうなると、電話番の事務員さんやルーチンワークを行ってくれる補助者を雇うなどして、業務を効率化していけばよいのです。

私の知る限り、成功している行政書士は例外なく、開業当初から、それこそ24時間365日働いているのではないか、というくらいに忙しくしていました。

成功しているベテランの行政書士でも、顧客から連絡がきたら、何曜日でも何時でも行く、という意気込みをもって仕事に臨んでいるものです。

そして、業務を効率化するなどの様々な対策を行った結果として、やっと自分の時間や休みを確保できるようになってくるのです。

開業当初の行政書士が忙しくなるというのは、並大抵の営業努力では足りません。そのような覚悟をもったうえで開業を検討しましょう。

行政書士は食えない資格と言われていますが

行政書士は、どうも巷では食えない資格などと言われているようです。しかし、成功している行政書士はたくさんいますので、まずそれは間違っています。

また、商売の根本的な考え方の方向も間違っています。

行政書士という資格は、単に仕事をする上でのツールに過ぎません。

行政書士で商売ができるかどうかは、資格とはまったく無関係です。行政書士だから食えないのではなく、商売人として、経営者としての努力が足りないだけの話です。

食えない、仕事がない、という行政書士というのは、残念ながら商売人として最初からやるべきことをしっかりやっていなかった当たり前の結果です。

何しろ、行政書士の仕事は世の中にあふれているのですから。

繰り返しますが、行政書士は開業したらとにかく動きましょう。最初にやるべきことをしっかりやっていれば、食えない、仕事がない、などという状況には絶対にならないはずです。

営業活動を行っても仕事が来ない、という方は、本当に死に物狂いでそれをやりましたか?

これから開業する、あるいはすでに開業している方は、そうした覚悟をもって行動していきましょう。

商売人として当たり前のことを最初からしっかりやっていれば、必ず結果はついてきます。

そんな根性論とか泥臭いものではなく、もっとスマートに営業や仕事がしたい、という方は、そういう方法を模索すればよいでしょう。

ただ、私は少なくとも、新人行政書士は動いて営業して人脈作ってナンボだと思っているので、スマートに営業や仕事をしたい方は、くれぐれも参考にしないようにしてください。

行政書士事務所開業
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル