副業行政書士という選択もアリ?~サラリーマン行政書士でも稼げる?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所開業

行政書士として登録している人の中には、いわゆる副業行政書士という方も少なからずいます。

ここでいう副業行政書士というのは、他士業との兼業ではなく、一般的な企業でサラリーマンとして勤めながら行政書士登録をしている、というケースのことです。

行政書士は、弁護士や社労士などとは異なり、一般の企業内行政書士というのは禁じられています(行政書士法人の使用人であれば登録は可能です)。

しかし、サラリーマンとして勤めながら個人で行政書士登録をするのは特に問題ありません。

では、そういった副業行政書士という選択であっても、行政書士として十分な仕事ができるのでしょうか。

副業行政書士のメリットとデメリット

まず、副業行政書士のメリットとしては、本業である会社からの給与収入がありますので、生活の基盤は維持しやすいという点があります。

専業行政書士とは異なり、サラリーマンとしての安定した収入がありますから、通常の生活に関しては安心できるでしょう。

逆に、デメリットとしては、業務を受注できたとしても平日の日中に動きにくいことや、顧客に対する柔軟な対応がしにくいという点があります。

顧客から急ぎの連絡が入ったりすることも多々ありますし、問い合わせなどがあっても本業の仕事があるので電話に出られないとなると、大きな機会損失になってしまうこともあるでしょう。

特に、行政書士の主力業務である許認可系の業務というのは、基本的にお役所の窓口が空いている平日の日中に動く必要がありますので、そうした点でも難しいことが多々あると思います。

デメリットを補う方法を考えてみる

副業行政書士として業務を行うのであれば、まずデメリットとなる点を補うための工夫や仕組みを整えていく必要があるでしょう。

一例としては、数人の行政書士でグループを作り、営業や集客、顧客との打ち合わせや書類の作成、役所への申請といった業務を分業する、ということも考えられます。

自分は集客や営業活動を中心に行い、業務の一部をアウトソーシングするといった方法も考えられます。

また、業務の選択肢はかなり狭まりますが、平日の日中に動く必要の少ない業務を中心に選ぶなど、業務のスタイルにも工夫が求められるでしょう。

専業と副業のどちらがよいのか

では結局、どちらの方がよいのかというと、行政書士としての業務がきちんとできていて、それなりに売上が出ているのであれば、別にどちらでも構わないと思っています。

しかし、単に行政書士登録しているだけで仕事をまったくやらないのであれば、毎年の会費を払うのはもったいないので退会してしまった方がいいでしょう。

もっと言えば、仕事をしない肩書だけの行政書士に価値はまったくありません。

要は、自分のライフスタイルであったり、将来的な展望、行政書士としての収入を十分に確保できるのかどうか、などといった点を考慮して、それぞれが決めればいいことです。

ただし、小遣い稼ぎ程度の感覚で行政書士が仕事をとることができるほど甘くはありません。行政書士の社会的地位向上のためには、たとえ副業であってもそれなりに稼いでほしいとは思います。

小遣い稼ぎ程度の副業なら、行政書士よりも割のよい仕事はたくさんありますので。

利益を追求するという観点では専業が有利

もっとも、経営者として、商売人として利益をとことん追求したいのであれば、専業行政書士が絶対的にに有利です。

経営や業務を獲得するための営業活動、業務に携わる時間を十分に確保して動くことができる点は大きなアドバンテージとなります。

正直、経営者マインドをしっかり身につけて、行政書士としての営業活動をしっかり行ってさえいれば、という条件付きではありますが、普通のサラリーマンよりも圧倒的に稼げます。

絶対に儲かる、などという無責任なことは言えませんが、独身の方で仮に失敗してもリスクが少ない方は、思い切って専業になってみてもいいかもしれません。

ただし、専業になって稼げるかどうかといった点は保証できませんが。

絶対に安定した生活を求めるのであれば

ただ、専業行政書士で絶対に安定した生活というものを求めるのであれば、専業行政書士にはならない方がよいと思います。

行政書士も商売である以上、絶対に安定ということはあり得ませんので。そもそも起業して安定を求めるという思考をもっている以上は、独立開業しても経営は難しいと思います。

安定を求めるなら行政書士にならない方がいい
行政書士で食えますか?、安定しますか?、といった話をよく聞きます。 これから開業を考えている方にとって、こうした点を懸念する気持ちはよくわかります。 しかし、行政書士になるということは、事務所の経営者になるということです。 行政書士の資格、肩書があるからといって、食えること、収入が...

少しでも安心して起業したいのであれば、最初は副業行政書士として業務経験を積みながら、十分な準備を整えた上でタイミングを見計らって専業になる、ということでもいいでしょう。

どちらを選択するにしてもメリット、デメリットがあります。自分の状況などをよく検討しながら、どのスタイルが自分に適しているのかを十分に考えてから開業を検討しましょう。