開業前に綿密な事業計画は必要ない

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士登録をしてから、いざ仕事を始めるにあたって、まずは綿密な事業計画を立てなければならない、という考えの方もいるでしょう。

行政書士も商売である以上、もちろんある程度の方針や目標というものは必要です。

しかし、最初から綿密な事業計画を立てたところで、その予定通りに事が運ぶ保証はありません。

いくら綿密に事業計画を練ったとしても、行政書士として仕事をするためには、顧客からの依頼というものが必要です。

つまり、相手があることですから、自分の努力だけではどうにもならないことも多々あるのです。

スポンサーリンク

最初は小さな目標を日々コツコツと積み上げていく

開業にあたって綿密な事業計画を立てたとしても、新人行政書士にそう都合よく業務の依頼があるとは考えられません。

ですから、まずは日々の小さな目標を立てて、それを実践して積み上げていくことです。

例えば、今日は何件会社を回るとか、何件チラシを配るとか、とにかく何か小さな目標を達成させることから始めるのです。

綿密な事業計画を立てるのではなく、とにかく営業活動を始めて走り出してしまうことが大事です。綿密な事業計画を立てるのは、実務経験を十分に積んで、ある程度仕事が軌道に乗ってからでも遅くはありません。

将来の大きなビジョンは描いてもいい

ただし、ただ闇雲に営業活動を行っていても、なかなかモチベーションが続きません。

そこで、小さな目標をコツコツ実践しつつも、将来の大きなビジョンというものをイメージしながら営業活動を行っていくことをお勧めします。

例えば、将来は事務所を大きくしていくとか、地域で一番の行政書士事務所にするなど、大きなビジョンを描きながら日々の営業活動に励むのです。

そうした将来のビジョンを達成させるためには、今何をしなければならないのか、ということを考えながら行動、実践していきましょう。

最初は試行錯誤の連続だと思いますが、今成功している行政書士も、新人行政書士の頃はみな同じ道を通ってきています。

私が知る限り、行政書士として大きな活躍している方のほとんどは、最初は地道な営業活動といった、いわゆる『泥臭い』ことを愚直に行ってきているものです。

綿密な事業計画を立てる前に、まずは走り出して、小さな目標を積み重ねていくことが、やがて将来のビジョンにつながっていきます。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ