行政書士事務所開業

行政書士の仕事はこれからなくなっていく?

昨今は行政手続きであったり、許認可申請なども簡素化されてきている傾向があり、分野によっては誰でも簡単に手続きなどが行えるようになったことは確かです。 わざわざお金を払って行政書士に手続きを依頼する、といったことが、将来的になくなる時代が来る可能性は完全に否定はできません。 ただ、それが1...
行政書士事務所運営・経営

行政書士は絶対に安さをウリにしてはいけません

『安い』『〇〇円で』などといったキャッチフレーズで広告宣伝している行政書士事務所を、特にインターネット上などではよく見かけます。 それでも中長期的にも利益が十分とれるという戦略があればまだよいですが、ただ仕事を得たいがために安さを強調して集客しているケースが圧倒的に多いでしょう。 行政書...
行政書士の実務

行政書士で開業前に実務講座や開業準備講座を受ける必要はある?

行政書士試験を受験するにあたって、資格予備校などに通っていた、あるいは通信講座などを利用していた方も多いと思います。 こうした資格予備校の中には、合格後の開業準備として、各種の実務講座や開業準備講座といったものを開講しているところもあります。 確かに、行政書士として開業するにあたって、実...
行政書士事務所運営・経営

モバイル環境を充実させて仕事効率をアップする

行政書士は一日中ずっと事務所で仕事をしているわけではありません。 様々な書類の取得や提出、時には多くの時間を費やして、遠方に外出したりすることも多々あります。むしろ事務所にいるよりも、外出している時間の方が多いかもしれません。 そこで時間を無駄なく使い、仕事の効率をより高めるためにも、や...
行政書士の実務

特定行政書士とは~実務に活かすことができるか

平成27年から『特定行政書士』という資格制度が始まっています。 この特定行政書士となるためには、日本行政書士会連合会が実施する研修を受けたうえで、考査(試験)に合格することが条件になっています。 行政書士法には、特定行政書士の行える業務を次のように規定しています。 行政書士法第一条の三...
行政書士事務所運営・経営

行政書士報酬額の決め方は?~利益をしっかり出すために

行政書士に限らず、商売においては料金(報酬額)設定という点は、事務所経営を左右するほど重要なところです。 特に、行政書士の業務というのは広範囲にわたりますので、新人行政書士はここで頭を悩ませている方が多いかもしれません。 行政書士の報酬額というのは、基本的に事務所ごとに自由に決めることが...
行政書士事務所開業

行政書士事務所を開業したら税務署に開業届を提出しましょう

行政書士として個人開業すると、毎年の確定申告が必要となります。 そして、それに先立って提出しなければならかいのが、個人事業の開業届です。 提出先は事務所所在地を管轄する税務署です。 個人事業主の場合、登記などは必要ありませんが、行政書士事務所を個人開業するにあたっては、これを必ず提...
行政書士事務所運営・経営

報酬額の見積もりは迅速かつ正確に出すこと

顧客が行政書士に業務を依頼するにあたっては、やはり業務報酬額がいくらなのかという点が一番気になるところです。 すでに多くの業務を経験してきていれば、必要な業務の動きがすでに十分頭に入っているので、その場で正確な見積もりを出すことも可能だと思います。 しかし、まだ実績の少ない新人行政書士の...
行政書士の実務

大きな仕事では業務フロー表を作成する

行政書士の業務には様々な種類がありますが、特に単価の高い、大きな仕事というのも多々あります。 価格が高い仕事ということは、それだけ手間も時間もかかるということです。 そこで重要になってくるのは、どのような流れで動けばいかに効率がよいのか、実際にどれくらいの時間コストが必要なのか、といった...
行政書士の営業

名刺はいつでも常に持ち歩きましょう

名刺は行政書士に限らず、何らかのビジネスを行っている方にとって必携のアイテムです。 これは新人行政書士、ベテランを問わず持っていて当然のものであり、ビジネスの場では常に自分の名刺を渡せるようにしておかなければなりません。 くれぐれも顧客と会う前に、名刺を切らしてしまった、などということは...
行政書士の営業

『簡単に集客』『楽して集客』は信用できる?

行政書士も商売である以上、仕事をするためにはまず集客することが大事です。 当たり前のことですが、いくら行政書士としての実務レベルが高くても、集客して顧客を獲得できなければ何も始まりません。 集客の方法というのは様々ありますが、どの方法を選ぶにしても、こちらから何らかのアクションを起こさな...
行政書士の実務

ちょっとした気遣いで他士業からの信頼度をアップする

行政書士業務を行っていると、他士業が行うべき部分に行き当たることも珍しくありません。 その部分は当然のことながら行政書士が行うことができませんので、他士業の方にお願いすることになります。 すでに良い関係を築いている方であれば、単に『丸投げ』というのも悪くはありません。 しかし、これ...
行政書士の営業

営業・集客方法として行政書士もブログを書くべき?

今では行政書士に限らず、他士業の方のブログを目にすることも多いと思います。 士業のブログの中には、実務や専門知識に関するものから、日々の日常をつづっているものなど、本当に様々な内容のブログが存在します。 もっとも、今ではFacebookやTwitterをはじめとするSNSで情報発信したり...
行政書士事務所開業

事務所ホームページは外注?自作?~ホームページの作成について

現在は、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末でインターネットが手軽に利用できる環境にあります。 ですから、相談や依頼を考えている顧客が、事務所の情報を事前にある程度知っておきたい、という目的で、事務所のホームページを検索するということも十分に考えられます。 ホームページはいわば...
行政書士の営業

行政書士は営業力を高めることが成功のカギ

『営業』というと、靴底をすり減らしながら汗をかき、一件一件地道に回るといった、いわゆる『飛び込み営業』というイメージが思い浮かぶかもしれません。 確かに、こうした飛び込み営業などで仕事を獲得することも営業力のひとつです。こうした営業方法が得意な方はどんどんやるべきです。 しかし、...
行政書士事務所開業

カネなしコネなしでも行政書士で開業できるのか

これから行政書士として開業するにあたって、多くの方が心配するのが『カネなし、コネなしでも大丈夫なのか』という点だと思います。 確かに、カネもコネも最初からあるに越したことはありません。 しかし、それが行政書士で開業、成功するための絶対条件、というわけでもありません。 実際、私自身も...
行政書士事務所運営・経営

行政書士の戦略なき無料相談は時間の無駄です

行政書士に限らず、最近では弁護士など他士業でも『無料相談』を前面に打ち出して集客を行っているケースが多々みられます。 無料相談というのは一見、敷居の高い士業の事務所へ足を運んでもらう手段として、有効にみえるかもしれません。 しかし、明確な目的と戦略がなく、単に『他の事務所も無料だから』と...
行政書士の営業

顧客リストの整備で攻めの営業を行う

同業者や他士業の方と話していると、相談業務は結構多いのに、その後の業務依頼までなかなかつながらない、という声をよく聞きます。 特に、無料相談を行っているような事務所では、このような事例が多いように感じます。 無料相談というのは士業への相談という敷居が低くなる半面、どうしても数を稼がないと...
行政書士事務所開業

試験が簡単だから行政書士は馬鹿にされる?

よく、行政書士試験は司法試験や司法書士試験、税理士試験に比べて難易度が低いから馬鹿にされる、下にみられるというような話を聞きます(私はそのような経験はありませんが)。 確かに、行政書士試験というのは、いわゆる士業の中では、比較的簡単な試験であることに間違いはありません(行政書士試験そのものが簡...
行政書士事務所運営・経営

費用対効果を考えて戦略的に広告宣伝費を使う

自分の事務所を多くの人にアピールするためには、各種の広告を使うというのも手段のひとつです。 業務範囲の広い行政書士の場合、メインに据える業務の顧客層に広く届く方法を考え、効果的な宣伝広告を行っていく必要があります。 広告媒体というのはいくつもありますが、ターゲットとなる顧客に対してピンポ...