副業行政書士という選択もアリ?

行政書士として登録している人の中には、いわゆる副業行政書士という方も少なからずいます。 ここでいう副業行政書士というのは、他士業との兼業ではなく、一般的なサラリーマンなどとして勤めながら行政書士登録をしている、というケースのことです。 行政書士は、弁護士や社労士などとは異なり、企業内行政書士というのは禁じられています。しかし、サラリーマンとして勤めながら個人で行政書士登録をするのは問題ありません。 では、そういった副業行政書士という選択であっても、行政書士として十分な仕事ができるのでしょうか。

自分の強みと弱みを棚卸ししてみる

自分の事務所の存在や、行っている業務を一人でも多くの人に知ってもらうためには、何らかの営業活動というのが絶対に欠かせません。 営業活動の方法は様々ありますが、まずはとにかく自分ができること、得意なことから始めてみることを考えてみましょう。 闇雲に他人の真似をするのではなく、自分の強みや弱みといった自己分析をして、営業方法を考えて実践していくことが大切です。

知識やノウハウはアウトプットしてこそ生きるものです

行政書士として経験を重ねてくると、様々なノウハウや知識がどんどん蓄積されていきます。 また、新人行政書士であっても、法律を学んだ者として常識的なことであっても、一般の人があまり知らない知識、情報というものも少なくありません。 こういった知識や経験で得たノウハウというのは、単に自分の頭の中だけにとどまらせておいてもまったく意味がありません。 インプットした知識や経験というものは、実際にアウトプットしてこそ生きてくるものです。

どの業務分野でもヒアリングシートは重要です

どの分野の仕事でも、業務を受注し、まず行うのは顧客からのヒアリングです。 しかし、顧客からどのような内容をヒアリングしなければならないのか、といったことをしっかり決めておかないと、書類作成や手続きにあたって、何度も顧客に確認しなければならなくなったり、無駄な動きが生じてしまうことになります。 また、重要な部分を聞き漏らしてしまい、業務が行えないような事態になると、最悪の場合、損害賠償請求を受けてしまうといったことにもなりかねません。 そこで、業務を円滑かつ確実に進めるためにも、ヒアリングシートの作成というのが重要になってくるのです。

行政書士で開業したらまずやること

行政書士として登録し、無事に事務所調査も終えれば、晴れて行政書士として本格的な活動ができるようになります。 しかし、この段階で何から始めていいのか分からない、という話もよく耳にします。 では、行政書士は開業したら、まず何から始めるべきなのでしょうか。

雑談力が仕事を呼び込むことも

行政書士として顧客と接していると、仕事以外の雑談をする機会も少なくありません。 こうした雑談というのは、顧客との距離を縮める効果があります。 また、雑談を交わしている中で、顧客が困っていることや疑問をさらに聞き出すことにより、新たな行政書士業務を受注できることもあります。 つまり、雑談力を高めることは、行政書士としての営業スキルの向上にもつながるのです。

新人行政書士は24時間365日働く気概が必要

これから開業を検討している方の中で、もし、開業しても土日は休んで自分の時間をもちたい、などと考えている方は、残念ながら起業には向いていないので、やめた方がいいと言わざるを得ません。 起業するということは、まず仕事を獲得して商売にしていかなければなりません。 開業当初の行政書士事務所の存在は世の中に知られていないのですから、まずは自分の事務所では何ができるのかをアピールしながら、業務を獲得していく努力を、それこそ休みなく続ける必要があります。

新人行政書士こそセミナー開催のすすめ

一般的にセミナーというと、ある程度実績のある専門家が行うイメージがあります。 確かに、実績や経験のある人のセミナーというのは、内容に当たりはずれがあるにしても、それなりに実績や経験をアピールできますので、集客という面でも有利に働きます。 では、実績も経験も浅い新人行政書士が、セミナーを企画して開催することはできないでしょうか。

事務所から近いということもアドバンテージとなります

顧客が行政書士事務所を選ぶ際は、様々な要素で検討すると思います。 これは行政書士事務所を選ぶときだけでなく、私たちの日常生活で買い物をするときなども同じです。 例えば、大きくて立派なお店であったり、価格が安いお店であったり、ホームページの内容が充実しているなど、様々な要素があるでしょう。 行政書士に依頼する顧客も、そうした基準をもとに選んでいる場合もありますが、意外と無視できないのは、『事務所が近い』という点です。

スキマ時間にも営業できる簡単な方法

行政書士の仕事は、事務所でデスクワークのみをやっているわけではありません。 打ち合わせや営業、役所回りなどで外出する機会の多い仕事です。 しかし、よほどタイトなスケジュールで動いていない限り、外出先でちょっとしたスキマ時間ができることも少なくありません。 例えば、移動時間や帰所時間というのも、こうしたスキマ時間になるでしょう。 では、こうしたスキマ時間を何とか有効に使う方法はないでしょうか。

利益にならない分野は切り捨てることも検討する

行政書士として経験を重ねてくると、自分が動いている割には十分な利益がとれていない、という分野が出てきます。 新人行政書士は来た仕事は何でもやってみることが必要ですが、そうした中で、仕事を取捨選択していくことが重要です。 業務を専門特化していくことで、その分野の知識や経験を積み重ねていくことができますし、効率的な仕事にもつながっていきます。

狭い入口から入り込んで業務をアピールする

行政書士の業務範囲はとても広く、主要な業務だけでも相当な数があります。 しかし、主要業務というのはすでに手掛けている行政書士も多く、新人行政書士が新規参入して軌道に乗せるまでには少し時間がかかるかもしれません。 そこで考えたいのは、地域の他の行政書士があまり参入していない分野、いわゆるニッチな分野から入ることです。

行政書士のスタートラインは仕事を獲得してから

行政書士試験に合格し、その後の行政書士登録も済ませ、さてここからがスタート、と言いたいところですが、登録して事務所を構えた時点がスタートラインというわけではありません。 行政書士も商売なので、当然のことながら仕事をしてお金を稼がなければなりません。 そのためには、まず仕事を獲得しなければならないのです。ですから、行政書士としての仕事を獲得してからが本当のスタートラインとなります。

ホームページ営業は業務特化型・地域特化型が効果的

行政書士の仕事は非常に幅広く、需要のある分野だけでも数多くあります。 また、ホームページを開設している事務所も多いですから、もしホームページで仕事を受注することを考えるのであれば、数ある事務所の中から顧客に選ばれる内容にしなければなりません。 では、ホームページで集客を行うにあたっては、どのような戦略をとるべきなのでしょうか。

行政書士業務に縛られすぎていませんか?

行政書士の仕事というのは、基本的に書類の作成や手続きであったり、業種によってはコンサルティングといった業務もあります。 行政書士としての資格で行える仕事は非常に多いのですが、行政書士業務を入口として、さらに顧客サービスを追及できないか、という視点をもつことも経営者として大切なことです。 つまり、行政書士業務にとらわれないサービスを提供できないかを考えてみるのです。

集客の導線は多ければ多いほどいい

行政書士の営業というのは、様々な方法があります。 例えば、ホームページであったりSNSを駆使したものであったり、人脈を使って紹介を得ていくものであったり、チラシやパンフレットを使って飛び込み営業や広告を打ってみたりなど、ざっと考えただけでも色々と考えられます。 そして、この中でも最近では、ホームページやブログを使った営業を行う方が増えてきました。 確かに、ホームページやブログというのは、自分の事務所をアピールするために大きな役割を果たしますので、ぜひ力を入れていくべきところです。 ホームページというのは、上手に活用すれば24時間働いてくれる優秀な営業マンとなり、集客の柱にもなり得るものです。

集客のヒントは意外と身近なところにもあります

行政書士が仕事を獲得するためには、当然何らかの営業活動をしなければなりません。 そして、その営業活動においては、事務所のチラシやパンフレットというのも重要なアイテムです。 ホームページなどの媒体とは違い、限られたスペースの中で、いかに自分の事務所をアピールするかが重要なポイントになります。 しかし、いざこれを考えようとしても、なかなか難しいものです。 チラシやパンフレットのデザインをプロに外注してしまうという手もありますが、新人行政書士が最初からこうしたところに予算をかけるのは大変です。 そこで、できるだけ予算をかけずに、効果的なチラシやパンフレットを自分で作成できないかどうかを考えてみましょう。

どのような仕事が向いているのかは実際にやってみないとわからない

新人行政書士が最初の仕事を獲得するには、人脈の中から紹介を得るのが最も近道です。 また、行政書士として効率的に利益を上げるためには、業務を絞り込んで専門特化することも必要となります。 人脈の構築というのは、例えば、同業者や他士業との交流であったり、異業種との交流会などはもちろん、同窓会や自治会などの行事など、とにかく人の集まる場所に積極的に出向き、自分の存在をアピールすることです。

専業行政書士は商売として成り立つのか

行政書士だけで身を立てている人の割合というのは、実はそう高くありません。 例えば、他士業との兼業であったり、他に安定した収入源をもっている、いわゆる副業行政書士であったり、あるいは生活基盤は年金という方も多数います。 正確な数字はわかりませんが、実際の感覚としては、行政書士専業という方は全体の1~2割程度といったところでしょうか。 では、新人行政書士が専業で商売を成り立たせることは可能なのかどうかを考えてみたいと思います。

開業後はどこにお金をかけるべきか

行政書士登録を済ませても、それだけで仕事がやってくるわけではありません。行政書士として仕事をするためには、何らかの営業活動が必要です。 そのためにはまず、自分の存在を世の中にアピールしなければなりません。誰も自分の存在を知らなければ商売として成り立たないからです。 自分の存在を世の中にアピールする手段は様々あります。 開業したばかりの行政書士は、とにかくできる限りの方法で存在を知ってもらうための部分にお金をかけるのが重要です。