行政書士の営業

新人行政書士こそセミナー開催のすすめ

一般的にセミナーというと、ある程度実績のある専門家が行うイメージがあります。 確かに、実績や経験のある人のセミナーというのは、内容に当たりはずれがあるにしても、それなりに実績や経験をアピールできますので、集客という面でも有利に働きます。 セミナーに参加してくれる方というのは、少なからずそ...
行政書士の営業

事務所から近いということもアドバンテージとなります

顧客が行政書士事務所を選ぶ際は、様々な要素で検討すると思います。 これは行政書士事務所を選ぶときだけでなく、私たちの日常生活で買い物をするときなども同じです。 例えば、大きくて立派なお店であったり、価格が安いお店であったり、ホームページの内容が充実していたり、自分の依頼したい業務を専門に...
行政書士の営業

スキマ時間にも営業できる簡単な方法

行政書士の仕事は、事務所でデスクワークのみをやっているわけではありません。 書類の作成だけではなく、様々な打ち合わせや営業活動、役所回りなどで外出する機会の多い仕事です。 よほどタイトなスケジュールで動いていない限り、外出先でちょっとしたスキマ時間ができることも少なくありません。 ...
行政書士事務所運営・経営

利益にならない分野は切り捨てることも検討する

行政書士として経験を重ねてくると、自分が動いている割には十分な利益がとれていない、という分野が出てきます。 新人行政書士は来た仕事は何でもやってみることが必要ですが、そうした中で、仕事を取捨選択していくことも経営判断として重要です。 つまり、業務を徐々に専門特化して仕事の効率を上げるとい...
行政書士の営業

狭い入口から入り込んで業務をアピールする

行政書士の業務範囲はとても広いため、主要な業務、人気のある業務だけでも相当な数があります。 建設・産廃分野、運輸・交通分野、外国人在留資格分野、会社法分野、風俗営業分野、法務・会計分野、遺言・相続分野などが代表的なところでしょうか。 しかし、主要業務というのは地域内でもすでに手掛...
行政書士事務所開業

行政書士のスタートラインは仕事を獲得してから

行政書士試験に合格し、その後の行政書士登録も済ませ、さてここからがスタート、と言いたいところですが、登録して事務所を構えた時点がスタートラインというわけではありません。 行政書士も商売なので、当然のことながら仕事をしてお金を稼がなければなりません。 これから事務所を経営していくためには、...
行政書士の営業

ホームページ営業・集客方法は業務特化型・地域特化型が効果的

行政書士の仕事は非常に幅広く、世の中に需要のある分野だけでも数多くあります。 また、ホームページを開設している事務所も非常に多いですから、もしホームページで仕事を受注することを考えるのであれば、そうした数ある事務所の中から顧客に選ばれる内容にしなければなりません。 競合の激しい都市部など...
行政書士事務所運営・経営

行政書士業務に縛られすぎていませんか?

行政書士の仕事というのは、基本的に書類の作成や手続き、提出代行であったり、業種によっては各種のコンサルティングといった業務もあります。 行政書士としての資格で行える仕事は非常に多いのですが、行政書士業務を入口として、さらに顧客に対するサービスを追及できないか、という視点をもつことも、経営者とし...
行政書士の営業

集客の導線は多ければ多いほどいい

行政書士の営業、集客というのは、様々な方法があります。 例えば、ホームページであったりSNSを駆使したものであったり、人脈を使って紹介を得ていくものであったり、チラシやパンフレットを使って飛び込み営業や広告を打ってみたりなど、ざっと考えただけでも色々と考えられます。 そして、この中でも最...
行政書士の営業

集客チラシのヒントは意外と身近なところにもあります

行政書士が仕事を獲得するためには、当然何らかの営業活動をしなければなりません。 そして、その営業活動においては、事務所のチラシやパンフレットというのも重要なアイテムです。 ホームページなどの媒体とは違い、限られたスペースの中で、いかに自分の事務所をアピールするかが重要なポイントになります...
行政書士の実務

どの業務分野が自分に向いているのかはやってみないとわからない

新人行政書士が最初の仕事を獲得するには、人脈の中から紹介を得るのが最も近道です。 また、行政書士として効率的に利益を上げるためには、いずれ業務を絞り込んで専門特化することも必要となります。 人脈の構築というのは、例えば、同業者や他士業との交流であったり、異業種との交流会などはもちろん、同...
行政書士事務所開業

開業当初から専業行政書士は商売として成り立つのか

行政書士だけで身を立てている人の割合というのは、実はそう高くありません。 例えば、他士業との兼業であったり、他に安定した収入源をもっている、いわゆる副業行政書士であったり、あるいは生活基盤はすでに年金という方も多数います。 正確な数字はわかりませんが、実際の感覚としては、行政書士専業とい...
行政書士事務所開業

開業後はどこにお金をかけるべきか

行政書士登録を済ませても、それだけで仕事がやってくるわけではありません。行政書士として仕事をするためには、何らかの営業活動が必要です。 そのためにはまず、自分の存在を世の中にアピールしなければなりません。誰も自分の存在を知らなければ商売として成り立たないからです。 自分の存在を世の中にア...
行政書士の営業

小さな目標の積み重ねが仕事を呼び込みます

開業したばかりの新人行政書士と話をしていると、『開業したが、何をすればいいのかわからない』といったことを口にする方が多いです。 実際、私も開業当初はそのように考えた時もありました。 何をすればいいのかわからない、というのは、要するに『どのようすれば仕事を獲得できるのかがわからない』という...
行政書士の営業

行政書士はまず存在を知ってもらうこと~FAXDM編

行政書士の営業方法は様々ありますが、FAXDMという方法もあります。 FAXDMとは文字通り、ターゲットとなる顧客へFAXでDMを流す手法です。すでに開業されている方は、様々な業者などからFAXDMが来ているかもしれません。 私の事務所にも、毎日のように様々な業者などからFAXが届きます...
行政書士事務所運営・経営

行政書士は他力を使うことも必要です

行政書士は一般的なサラリーマンと違い、営業から業務の受注、書類の作成や手続き、役所や他士業との折衝など、一つの仕事を完結させるために一人で様々な動きをしなければなりません。 そこで問題となってくるのは、自分一人で抱えることのできる仕事量は限られる、という点です。 業務を多数抱えていると、...
行政書士事務所開業

安定を求めるなら行政書士にならない方がいい

行政書士で食えますか?、安定しますか?、といった話をよく聞きます。 これから開業を考えている方にとって、こうした点を懸念する気持ちはよくわかります。 しかし、行政書士になるということは、事務所の経営者になるということです。 行政書士の資格、肩書があるからといって、食えること、収入が...
行政書士の実務

単なる事務代行屋になっていませんか?

一般的な行政書士の主な業務は、各種書類の作成です。つまり、書類の作成代行ということになります。 ですから、今でも時々『代書屋』などと言われることもあります。 行政書士の中にも、『自分は代書屋』と公言している人もいますが、単に依頼されたことを無難にこなしているだけでは、これからの行政書士は...
行政書士事務所運営・経営

今の行政書士に『パソコンが苦手』は通用しない?

一般的な企業ではもちろんのこと、行政書士事務所の業務においても、今やパソコンは必需品です。 各種書類の作成や電子申請、ホームページやブログの運営など、今や行政書士業務にパソコンでの作業は絶対に欠かせません。 もっとも、パソコンを使うよりもすべて自分で書いた方が早い、という方は別ですが、少...
行政書士事務所運営・経営

行政書士としての成功は実務能力だけでは実現しません

行政書士としての成功の尺度というのは人それぞれですが、少なくとも一般的なサラリーマン以上の収入を得ていれば、とりあえず個人開業の行政書士としては成功と言えるかもしれません。 しかし、残念ながらその水準までにすら達しない行政書士が多いのも事実です。 行政書士も経営者ですから、経営に成功する...