経営者としての行政書士を目指しましょう

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士事務所は、飲食店や一般の商店などと違って、看板を掲げたからといってお客様がどんどん集まる商売ではありません。

なぜかというと、行政書士がどのような仕事をしているのか、世の中に十分浸透していないからです。単純明快ですね。

そして、大きな成功を収めている行政書士もいれば、近年の難しい行政書士試験に合格したにもかかわず、生活さえままならなくなり、廃業を余儀なくされる行政書士もいます。

どこでこの差がつくのでしょうか。

開業した時からあなたは経営者です

それは、行政書士も経営者であり、商売人であるという自覚があるかどうかに尽きます。

よく、『行政書士になって食っていけますか?』という質問をする方がいます。

しかし、こうした質問は的外れですし、そのような資格に依存した考え方をしている限りは、残念ながら成功することはありません。

行政書士であっても、八百屋さんであっても、ラーメン店であっても、何の商売をやるにしても同じです。例えば、ラーメン店を開業するにあたって、『ラーメン屋で食っていけますか?』などと人に質問するのはナンセンスでしょう。

ただ美味しいラーメンを作ることで商売に成功する、ということしか考えないはずです。

行政書士も、開業した時点から経営者です。この自覚をもって商売をやっていけるかどうかこそ、最も重要なことです。

経営というのは、成功する人もいれば失敗する人もいます。これはどのような商売であっても同じです。

こうした自覚をもって開業を考えることこそ、成功する行政書士の大前提なのです。

行政書士はサラリーマンのように、毎月決まったお給料をもらえるわけではありません。経営者として事務所を運営し、仕事を遂行することで報酬が得られる世界です。

これから行政書士事務所を開業する方は、サラリーマン意識から経営者マインドに転換していきましょう。

行政書士という肩書はあまり意識しない

世の中に行政書士の仕事が認知されていないことは前述しました。

では、行政書士の仕事を世の中の人に知ってもらい、自分に仕事を依頼されるようになるにはどうしたらいいでしょう。

それは、行政書士を前面に押し出すのではなく、自分に何ができるのか、お客様にどのようなサービスを提供できるのかを明確にすることです。

例えば、何が売っているのかよくわからないお店に入りにくいのと同じで、何が自分の売りなのかをはっきりさせないと、お客様は何をしている人なのかわからないのです。

しかも、行政書士の仕事は非常に幅広く、一説には1万数千種類の業務内容があるとも言われています。

ですから、なおさら自分の強みや得意分野をお客様へ明確にアピールすることが求められます。

行政書士という肩書はいったん脇に置き、どうすればお客様に自分をわかりやすくアピールできるのかをぜひ考えてみましょう。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!