顧客を見極める目を養いましょう

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の仕事の中には、断った方が後々自分にとって利益になる仕事もあります。

しかし、新人のうちはとにかく業務を行いたい一心で何でも引き受けてしまい、それが結果としてお金にならない、といったことも少なくありません。

では、どのような顧客が要注意なのでしょうか。

断った方がよい仕事とは

新人行政書士のうちは、なかなか判断が難しいところもありますが、下記のような場合は少し注意した方がいいでしょう。

金払いが悪い顧客

これは様々なケースがありますが、例えば、顧客が着手金を払わないというような場合です。

着手金というのは通常、料金の半額程度を先にもらうのが一般的ですが、これを支払わないような顧客は要注意です。

着手金を受け取っていれば、後に残りの料金を支払わない、あるいは値下げを要求されるようなことがあっても、その金額分の仕事だけを行うという対抗手段がとれます。

しかし、着手金をもらっていない場合には、相手の方が必然的に有利な立場になってしまいます。必ず着手金をもらうか、料金を先払いにするようにしましょう。

細かい仕事ばかりをもってくる顧客

例えば、大きな案件は他の事務所に頼み、その他の細かい案件ばかりをもってくるような顧客も、後のことを考えれば思い切って断った方がいい場合もあります。

なぜなら、その後に大きな仕事が舞い込んできたときに、その細かい仕事のために断らざるを得ない、という可能性も考えられ、それは非常にもったいないことです。

行政書士としてステップアップするためにも、このような仕事は積極的に行わない方が無難です。

ただし、細かい仕事であっても、これから新しい分野を手掛けようとする場合や、とにかく実績を作りたいようなとき、あるいは小さな仕事をルーチンワーク化してこなせる仕組みを作れるのであれば、あえて引き受けた方がよいこともあります。

特に新人行政書士の場合は最初の実績づくりや経験が大切ですから、慎重に検討しましょう。

怪しげな仕事が多い顧客

法に反するような仕事はもちろん論外ですが、限りなく黒に近いグレーな仕事をもってくる顧客も中にはいます。

法を遵守しなければならない行政書士として、こうした仕事はきっぱり断る勇気も必要です。

忙しくても引き受けた方がよい仕事

断った方がよい仕事とは逆に、忙しくても積極的に引き受けた方がよい仕事もあります。

きっちり料金を支払ってくれる顧客

金払いが悪い顧客とは対照的に、請求した料金をきっちりと支払ってくれる顧客は大事にすべきです。

行政書士の仕事は、お金を払ってもらわないと回っていきません。きっちり料金を支払ってくれる顧客に対しては、より質の高いサービスを提供することで信用度も増していきます。

大きな仕事をもってきてくれる顧客

行政書士として大きくステップアップするには、ある程度大きな案件を手掛けることも必要です。こうした仕事をもってきてくれる顧客は大事にしましょう。

ただし、大きな仕事をもってきてくれる顧客であっても、他の行政書士や他士業などとトラブルになった前歴がある場合や、実費や時間が多大にかかる場合など、手離れの悪い仕事については遠ざけた方がよいこともあります。

また、行政書士としての実力を磨くためには、多少背伸びしてでも仕事を受注することは必要ですが、自分の実力をはるかに超えるような仕事については注意しなければなりません。

もし、仕事を途中で投げ出すようなことになれば、自分の信用が地に落ちてしまいます。その後の仕事にも影響しますので、慎重な検討が必要です。

クリーンな仕事をもってきてくれる顧客

当然のことながら、行政書士は違法行為の片棒を担ぐようなことがあってはなりません。コンプライアンス重視のしっかりした顧客との付き合いが重要です。

多少の失敗は今後の糧にもなります

行政書士としてお金をきちんともらうためには、顧客をよく観察し、見極める目を養うことが大切です。

しかし、新人行政書士のうちは、なかなか自分で判断することが難しく、顧客との関係で多少の失敗をしてしまうこともあります。

行政書士を続けられないくらいの致命的な失敗は困りますが、そうでなければ失敗も今後の糧になっていきます。

ある程度経験を積んでいかないと判断しにくい部分ですが、失敗を恐れずにステップアップしていきましょう。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!