戦略なき無料相談は時間の無駄です

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士に限らず、最近では弁護士など他士業でも『無料相談』を前面に出して集客を行っているケースが多々みられます。

無料相談というのは一見、敷居の高い士業の事務所へ足を運んでもらう手段として、有効にみえるかもしれません。

しかし、明確な目的と戦略がなく、単に『他の事務所も無料だから』という考え方で安易に無料相談を打ち出しても、はっきり言って十分な成果は得られないでしょう。

スポンサーリンク

時間コストという意識が重要

行政書士というのは、いわゆる労働集約型の仕事です。

開業当初の一般的な行政書士は、一人で相談業務や書類作成、役所への申請などの仕事をこなし、ようやく報酬が得られるというように、自分の時間を切り売りして利益を出していかなければなりません。

ですから、時間コストという考え方が非常に重要になってきます。

確かに、無料相談を大々的に打ち出せば、相談者は多く集まるかもしれません。

しかし、その集まった相談者から、実際に受注につなげるまでの戦略をきちんと立てていないと、相談者はそこそこ集まるのに依頼につながっていかない、タダ働きの時間が増えてしまうという結果になってしまいます。

言うまでもなく、一日の時間というのは限られています。

その限られた時間の中で、儲けを出すための仕事ができるかできないかで、儲かる行政書士と食えない行政書士の差が出てきます。

無料相談というやり方を安易に行っていると、忙しいのに儲けが出ないという、いわば負のスパイラルに陥ってしまうことになるのです。

無料相談を有効活用するのであれば

もし、あえて無料相談を有効に活用したいのであれば、単に集めた相談者をそのまま放置することなく、次のアプローチをこちらから仕掛ける必要があるでしょう。

例えば、無料相談で個人情報を集め、フォローの電話や書面、メールを送付するといったように、その後も相談者との接点をできる限り多くすることです。

一般的な企業でも、無料サンプルなどを配布して個人情報を集め、次のフォローをバンバン行うというのは当たり前のように行われています。

行政書士も商売ですから、もし無料相談で集客を考えているのであれば、こうしたプッシュ型の営業手法、戦略を立てて行っていく必要があります。

同業者や他士業の方と話していると、相談は結構多いのにその後が続かない、という声をよく聞きます。 特に、無料相談を行っているような事務所では、このような事例が多いように感じます。 無料相談というのは敷居が低くなる半面、どうしても数を稼がないと依頼につながらない側面もあります。また、顧客の中には、何件かの事務所を回って相談している方も少なくありません。 では、その中から自分の事務所を多くの人に選んでもらうためには、どのような方法が考えられるでしょうか。

できれば無料に頼ることのない集客を

とはいえ、無料相談で集めた顧客予備軍に次のフォローを行ったからといっても、それが必ずしも依頼につながるとは限りません。

無料サンプルなどを大量に配る、といった物量作戦がとれる企業とは異なり、自分の時間を割いて相談を受けなければならない行政書士の場合、一日でさばける相談者数はおのずと限られます。

ですから、無料相談というフレーズに頼ることのない集客、やり方を考えていく方向に進むことをお勧めします。

つまり、有料でも相談したい、と思わせるような事務所にしていくということです。

具体的には、ホームページの内容を魅力あるものにしたり、事務所案内などを充実させたりして、『お金を払ってもこの事務所に相談したい』という顧客を増やしていくのです。

でも、実績や経験のある行政書士とは異なり、新人行政書士がこうした手法で顧客を集めるのは難しいのでは、と思う方もいるでしょう。

しかし、今の時代は幸いなことに、新人行政書士であっても、顧客に対してアピールするための情報やツールといったものが充実しています。

新人行政書士事務所であっても、様々な手法で自分の事務所を『演出』できる環境にあるのです。

前述のように、ホームページの充実であったり、立派な事務所案内を作成したりするのも、一昔前に比べれば、かなり低コストで済みます。

相談を無料にするのはとても簡単なことです。

ただ、これから行政書士として儲けを出していきたいのであれば、安易な無料相談での集客に頼るのではなく、お金を払ってでも相談したい、という『優良な顧客』をいかに増やすか、ということに知恵を絞っていきましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ