報酬額の見積もりは迅速かつ正確に出すこと

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所運営・経営

顧客が行政書士に業務を依頼するにあたっては、やはり業務報酬額がいくらなのかという点が一番気になるところです。

すでに多くの業務を経験してきていれば、必要な業務の動きがすでに十分頭に入っているので、その場で正確な見積もりを出すことも可能だと思います。

しかし、まだ実績の少ない新人行政書士の場合、その場ですぐに見積もり額を出すことは避けるべきです。

業務内容によっては自分で設定している報酬額もあると思いますが、たとえ同じ業務であっても、かかる手間や時間コストは異なります。

そこで大事になってくるのは、きちんと利益になる正確な報酬額を算出し、顧客に対して適正な価格を提示することです。

まずは一度事務所に持ち帰る

ある程度経験のある業務であればともかく、もし経験の少ない業務を依頼されたら、まずは正確な見積もり額を出すために、一度事務所に持ち帰る時間をもらいましょう。

もちろん、顧客はできるだけ早く見積もり額を知りたいですから、こちらも正確な価格を迅速に算出し、顧客に伝えるようにすることが肝心なことは言うまでもありません。

利益のきちんと出る正確な見積もり額を迅速に出すためには、やはり顧客から聞き取ったヒアリングシートや、業務フロー表を作成して割り出すことです。

どの業務分野でもヒアリングシートは重要です
どの分野の仕事でも、業務を受注し、まず行うのは顧客からのヒアリングです。 顧客からどのような内容をヒアリングしなければならないのか、といったことをしっかり記録するために使うのがヒアリングシートの役割です。 ヒアリングシートでしっかり内容を確認しておかないと、書類作成や手続きにあたって、何...
大きな仕事では業務フロー表を作成する
行政書士の業務には様々な種類がありますが、特に単価の高い、大きな仕事というのも多々あります。 価格が高い仕事ということは、それだけ手間も時間もかかるということです。 そこで重要になってくるのは、どのような流れで動けばいかに効率がよいのか、実際にどれくらいの時間コストが必要なのか、といった...

こうして見積もり額をきちんと出してから、顧客に提示するように心がけましょう。

なぜ正確な見積もりが大事なのか

行政書士事務所の多くは、かかる手間や時間コストなどに関係なく、業務の種類別に一律で報酬額を設定していることが多いと思います。

しかし、先にも述べた通り、同じ業務であっても、案件ごとにかかる手間や時間コストは異なりますから、正確な見積もり額も当然異なるはずです。

報酬額が一律ということは、比較的簡単に終わる業務と、手間がかかる業務の報酬額を同じにすることで、その分を相殺しているということです。その方が楽ですから。

ただ、それぞれの案件に応じて報酬額をきちんと算出し、適正な報酬額を決めていく方が、一律に報酬額を設定するよりも利益は大きくなります。

最も重要なのは正確さと迅速さ

ヒアリングシートや業務フロー表をもとに正確な見積もり額が算出できたら、できるだけ早く顧客に提示するようにしましょう。これは早ければ早いほど良いです。

もちろん、大きな仕事で手間やコストも多くなる業務については、多少の時間をもらう必要があると思います。その点は顧客も納得してくれるでしょう。

しかし、一般的な業務に関しては、正確な見積もりを出すのにそれほど時間は要さないはずですから、見積もり額が決定したら迅速に顧客へ伝えるようにしてください。

顧客からの信頼や安心感を得るには、ただ間違いのない仕事をするだけでなく、動きが早いという点も大事なことです。

こうした経営努力を怠らず、きちんと利益を出す仕事を続けていくことが、成功する行政書士の条件であることを認識しましょう。