行政書士は儲かる仕事なのか?~資格依存の考え方は捨てる

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所運営・経営

『行政書士は儲かりますか?』と色々な方に聞かれる機会があります。

そういった質問での私の答えはただ一つ、『人によります』です。

そうとしか答えられませんので。もううんざりするくらいです。

行政書士の中にも、儲かっている事務所と閑古鳥が鳴いている事務所があります。また、行政書士という肩書はあるものの、ほとんど(まったく)仕事をしていない人もいます。

行政書士として開業し、事務所を構えているだけで儲かるのであれば、『もちろん儲かりますよ』と言いたいところですが、残念ながら世の中そんなに甘くありません。

行政書士という肩書だけでは当然儲かりません

『行政書士は』儲かる仕事なのか、という切り口の質問に関しては、前述の通り『人による』としか答えようがありません。

行政書士という肩書があるだけで儲かるのであれば、誰もが行政書士を目指すでしょう。

しかし、せっかく難しい試験に合格し、高いお金を払って開業したものの、開業して数年経っても儲かっていない行政書士の方が圧倒的に多い、と言っていいぐらいなのが実態です。

当たり前と言えば当たり前のことですが、世襲行政書士やコネが豊富にある方はともかく、単に行政書士であるというだけで儲かることはありません。

そもそも、『行政書士は』という根本的な考え方を変えないと、儲かる側に入ることはできないのです。

資格依存の考え方は捨てること

儲かっている人と儲かっていない人には、決定的な違いがあります。

それは、行政書士であると同時に、『経営者』であるという自覚があるのかどうかと、経営者としての資質を高める努力や行動を惜しまず行っているのかどうかです。

『行政書士は』食えない、という言い方をされることがありますが、『行政書士は』という資格依存の考え方をしている限り、儲かる側の行政書士に入ることはできません。

なぜなら、行政書士という肩書は、仕事をするためのツールのひとつに過ぎないからです。

『行政書士は食えない』のではなく、食えない人は経営者としての能力がないという単純な話です。資格の有無などまったく関係ありません。

経営者としての能力がある行政書士は、たとえ行政書士という商売をしていなくても、儲かる経営者になることができます。

もし、儲かる行政書士になりたいのであれば、そうした資格依存の考え方を捨て、経営者としての資質を磨く努力をしていくことが重要なのです。

行政書士が食えるとか食えないなどといったケチくさい話ではなく、とにかく儲かる経営者になることに全力を傾けることです。

儲かる経営者側に入るために

一応、世の中の人々に社会的ステータスが高いと思われている弁護士でさえ、儲からない、食えないという人がいるような時代です。

そうした世の中で儲かる行政書士となるためには、並大抵の努力では足りません。

これから行政書士を目指す方、開業したばかりの新人行政書士の方は、行政書士という資格はとりあえず脇に置き、儲かる『経営者』になるにはどういった努力、行動が必要なのかを考えていく必要があります。

営業力を高める努力、幅広い人脈を構築する、利益を追求する経営努力をする、業務を効率化するなどなど、経営者にはやるべきことが山ほどあります。

行政書士で稼ぐ方法~利益を出す経営が重要
行政書士として独立開業したからには、肩書だけが欲しい方は別として、稼げる行政書士になりたいと考える人が大半だと思います。 今の時代、行政書士に限らず、どの士業も看板を掲げてただ事務所で待っていても、仕事が勝手にやってくるわけではありません。 開業したら、とにかく一人でも多くの人に事務所の...
成功している行政書士の共通点は
行政書士としての成功という尺度は人それぞれです。 ただ、経営者として独立開業するからには、少なくとも自分の年齢と同じくらいの、一般的なサラリーマンより稼いでいれば、新人行政書士としてはひとまず成功しているといえるかもしれません。 そして、開業当初から成功している行政書士には様々な共通点が...
行政書士としての成功は実務能力だけでは実現しません
行政書士としての成功の尺度というのは人それぞれですが、少なくとも一般的なサラリーマン以上の収入を得ていれば、とりあえず個人開業の行政書士としては成功と言えるかもしれません。 しかし、残念ながらその水準までにすら達しない行政書士が多いのも事実です。 行政書士も経営者ですから、経営に成功する...
行政書士事務所も効率化を追求しなければなりません
開業当初というのは、とにかく仕事をとるために活動しなければなりませんが、仕事がある程度軌道に乗ってくると、必ずある壁に突き当たります。 多くの行政書士は、最初から補助者や従業員を雇えるわけではありません。 ですから、当面は一人で行政書士業務はもちろん、事務所運営のすべてをこなしていくこと...
経営者としての行政書士を目指しましょう
行政書士事務所は、飲食店や一般の商店などと違って、看板を掲げたからといってお客様がどんどん集まる商売ではありません。 なぜかというと、行政書士がどのような仕事をしているのか、世の中に十分浸透していないからです。単純明快ですね。 そして、大きな成功を収めている行政書士もいれば、近年の難しい行政書士試験に合格したにもかかわず、生活さえままならなくなり、廃業を余儀なくされる行政書士もいます。 どこでこの差がつくのでしょうか。

こうしたことは、利益を出している企業では当たり前に行われていることですが、これを実践して行動している『経営者』としての行政書士というのは、まだまだ少ないと感じています。

逆に言えば、経営者としての能力を高めるという思考に転換することができれば、儲かる側の行政書士に入ることができる可能性があるということです。

私自身も、行政書士として10年以上事務所を経営していて、一応それなりの利益は出してはいますが、まだまだ経営努力が足りないと、日々試行錯誤しながら実践しているところです。

多くの行政書士が経営者として成功し、『行政書士は儲かりますよ』と、自信をもって言える時が来ることを切に願ってやみません。