他の士業との連携を模索する

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士として仕事を進めていると、他士業の業務分野に遭遇することが多々あります。

このような場合、顧客サービスとして信頼できる他の士業を紹介するなり、連携するなどして案件にあたる必要性が出てくるのです。

顧客にとっては、あちこちの士業を探し回るというのは大変です。ですから、顧客に対してワンストップでサービスを提供できるというメリットもあります。

そこで、顧客サービスのためにも、他士業とのネットワーク構築というのが重要になってきます。

行政書士と相性がいいのは税理士と司法書士

例えば、会計記帳といった行政書士業務でも、決算などは税理士に依頼することが多く、こうした面でも税理士と連携して業務を行っていくことになります。

また、法人設立の手続きにおける定款の作成、認証は行政書士業務となりますが、商業登記は司法書士の業務分野ですから、司法書士と連携して業務を行っていくことになります。

このように、行政書士から税理士や司法書士に仕事を依頼するというケースもありますが、その反対の場合もあります。

例えば、建設業の会社設立を依頼された司法書士がいたとすれば、登記は司法書士の業務範囲ですが、設立に伴う定款の作成、認証、また建設業の許認可申請業務は行政書士の業務範囲となりますので、司法書士が行うことはできません。

ですから、その部分について行政書士に仕事が回ってくる可能性が高くなるのです。

他士業とのネットワークを構築するには

司法書士や税理士の中には、行政書士登録している兼業の方も数多くいます。

しかし、そのほとんどの事務所は本業の方が忙しく、行政書士の仕事はアウトソーシングしているケースがとても多いのです。

ですから、まずはそうした人たちとつながりを持っておけば、新人行政書士にも仕事が回ってくるチャンスが増える可能性があります。

行政書士登録している方であれば、様々な機会で顔を合わすこともあるでしょう。

また、事務所の近隣の他士業に挨拶に出向くことはもちろん、様々な勉強会や交流会などに参加して人脈を築くという方法もあります。

お互いにそれぞれの業界で人脈を持っていれば、一人ひとりとつながっておくことで様々な可能性が見えてくるのです。

くれぐれも他士業の領域に立ち入らないこと

行政書士の業務範囲がいかに広いといっても、他士業の領域に踏み込んで仕事をするのは論外です。

いわゆる『業際』というものですが、新人行政書士に限らず、目の前の他士業の領域に無理して踏み込んでしまう方も中にはいます。

士業の世界というのは、良くも悪くも縦割り構造です。これは、それぞれの士業を管轄する省庁が異なることや、そもそも士業によって主な役割が異なることがあるためです。ただ、一部の業務分野に関しては、行政書士でも他士業でも行うことが可能であったり、単純んに線引きが難しい、いわゆるグレーゾーンと...

そのような行為で目の前のお金を手にするよりも、他士業との良質なネットワークを築いておいた方が、中長期的にもメリットが大きいです。

何より、この行為は違法です。

悪質なケースともなると懲戒などの処分はもちろんのこと、刑事事件に発展してしまうことも少なくありません。新人行政書士の方はくれぐれも心しておきましょう。

質の良い人脈形成の努力は怠らない

質の良い他士業との人脈は、必ず自分のメリットになります。また、優秀な人脈は経験不足と実績不足をカバーすることにもなります。

他士業から信頼感を得ることで、他士業からの業務依頼が増えてくるという好循環も生まれてきます。

行政書士業務を行っていると、他士業が行うべき部分に行き当たることも珍しくありません。その部分は当然のことながら行政書士が行うことができませんので、他士業の方にお願いすることになります。すでに良い関係を築いている方であれば、単に『丸投げ』というのも悪くはありません。しかし、これ...

ただし、人脈から紹介を受けた信用というのは、あくまでも紹介してくれた人の信用であり、自分の信用というのは仮の信用です。

ですから、人脈から紹介を受けた仕事は丁寧にきっちりと行うことが大切です。

新人行政書士が最初の1件を獲得するには、闇雲に営業するよりも、まず知人や友人などの紹介から仕事をもらうというのが効率的です。普通に社会生活を営んでいる方であれば、何らかの人脈があるでしょう。まだ実績も信用もない開業当初の行政書士にとって、そうした人脈からの紹介というのは実績や信用を築...

質の良い人脈から得られる仕事というのは、仕事の質も良いものです。

新人行政書士は、優良・優秀な人脈を築く努力を欠かさないようにしましょう。

よろしければフォローしてください