仕事を紹介される行政書士になる~専門性の追求と信頼関係の構築

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所運営・経営

行政書士が見込み客を得るための流入経路は色々と考えられますが、その中でも『紹介』というのが最も『おいしい』ものといえます。

何しろ、新規の見込み客を獲得するためのコストがかからないうえに、初めから『信用』がついているので、ほぼ100%顧客にすることができるからです。

ただし『紹介される行政書士』となるためには、紹介先から信頼される『あの人なら紹介しても大丈夫』という存在となることが絶対条件です。

私が仕事を振るときも、やはり信頼関係が築けている人でなければ出しませんしね。

では、経験も実績も乏しい新人行政書士が、これから紹介先との信頼関係を築いて『紹介される行政書士』となるためには、どのような考え方、行動が必要となるのでしょうか。

専門性と実務知識の自己研鑽は欠かせない

まず重要となるのは、専門性を打ち出したうえで実務知識の徹底的な自己研鑽に励むことです。

新人行政書士が実績と経験豊富なベテラン行政書士と勝負するためには、実務知識をとにかく身につけるための自己研鑽しかありません。

専門性だけを打ち出しても、肝心の実務知識を得るための努力を怠っているようでは、紹介どころか見込み客の相談対応も十分にできません。

そんな状態で仮に見込み客をつかまえることができ、その場を取り繕うような対応をしようとしても、ちょっと話をすれば必ずボロが出てきますので。

これでは信用を得るどころか、逆に『信用できない行政書士』の烙印を押されることになってしまいます。そして、一度失った信用を取り戻すのはまず困難です。

高い専門性と実務知識を身につけることができれば、見込み客としっかりビジネスの話ができるようにもなります。

これは、仕事を紹介される行政書士となるための最低限の前提条件です。

他士業からの紹介を受けるためには?

私の事務所では顧客からの紹介案件も少なくありませんが、やはり一番多いのは他士業の方からの紹介案件です。

行政書士は他士業とのつながりというのが必須なのですが、ここでも『あの行政書士なら大丈夫だろう』という信頼関係や安心感というものが影響してきます。

優良な他士業の方というのは業界内でも一目置かれているもので、ベテラン行政書士などにちょっとリサーチをかければ、比較的簡単に見つかるものです。

では、そうした優良な他士業の方との接点をもつために、一番よい方法とは何でしょうか。

一番手っ取り早い効果的な方法は『仕事を出す』こと

単に接点をもつだけであれば、手土産でも持参して挨拶に行くだけでよいでしょう。しかし、ビジネスとしての信頼関係を築く一番手っ取り早い方法は、こちらから『仕事を出す』ことです。

行政書士の仕事というのは、他士業と絡まなければ完結できないものが多数あります。

そういった案件の仕事を積極的に出していくと、新人行政書士であっても『デキる行政書士』として認知してもらうことができるでしょう。

信用を得ることができるようになれば、おのずと紹介される案件も増えていきます。

また、他士業の仕事内容などもある程度わかっていれば、ちょっとした工夫をすることで、さらに信用を得る効果がありますのでお勧めです。

紹介を受けるには仕事をとる力をつけることが必要

他士業の方から紹介を受けるには、まず仕事を出すことが最も手っ取り早いのですが、そのためには当然のことながら、自分で仕事をとる力を身につけなければなりません。

そのうえで、ビジネスとしての信頼関係や信用を築いていくことになります。

プロとしての専門性を高める努力と集客力、コミュニケーションスキルさえ身につけば、あとはもう実践あるのみですね。

『紹介される行政書士』となるためには、専門性を高めて実務知識の自己研鑽を怠らず、自ら仕事を出すことができる力をつけることが前提条件です。

そして新人行政書士であっても、経営者としての思考で営業力を高めていくことができれば、早い段階で信用を勝ち取ることができるようになります。

このあたりは他のコンテンツでもノウハウを公開していますので、参考になるところはぜひ参考にしていただいて、ビジネスとして戦略的に人脈を構築していく方法を模索してみてください。