行政書士業務は情報発信することが大切です

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

残念ながら、行政書士という仕事の世の中の認知度は高くありません。

税理士や弁護士などであれば、一般の人にもどのような職業で何をする人なのか、といった点はよく知られています。しかし、行政書士は業務範囲があまりに広すぎるため、行政書士の仕事を一口で説明するのは難しいのです。

建設業関連や運輸業など、普段から行政書士に仕事を依頼している業界の人は、行政書士の仕事をある程度認識しているでしょう。

しかし、一般の人は資格の名前くらいは知っていても、具体的にどのような仕事をしているのかを知らない人が大多数です。

行政書士の仕事を世の中に認知してもらうには

また、行政書士を知っている人たちであっても、建設業の認可のための書類を作ってくれる人、くらいの認識で、行政書士の仕事全般についてよく理解しているわけではありません。

例えば、遺産分割協議書や離婚協議書、示談書、クーリングオフに関する書類作成など、行政書士のできる仕事は世の中にたくさんあります。

しかし、一般の人はこうした相談をどこにすればいいのかわからないだけなのです。

おそらく大多数の人が、このような問題の相談は弁護士にするものだと思っているのではないでしょうか。

ですから、行政書士もこうした仕事をしていますよ、という周知が必要になってくるのです。

よくわからない仕事だからこそ情報発信が命

世の中に行政書士の仕事を周知させていく方法は様々ありますが、その際には、どのような仕事をしているかを分かりやすく伝えることがとても重要です。

行政書士のことをよく知らない人たちの中から需要を掘り起こすには、やはりこちらから情報発信しないことには何も始まりません。

例えば、地域の公民館などで無料相談会を開催する、ホームページなどで消費者トラブルの対処法などを発信するなど、どのような方法であっても、こまめにこちらから情報発信していくことが、需要を掘り起こすためのポイントです。

どんなに独自の素晴らしいサービスを打ち出したとしても、そのサービスの内容が顧客に周知されていなければ、それは商品として成り立ちません。

また、サービスの内容が斬新なものであればあるほど、顧客にとっていかに役立つかを伝えていかないと、仕事の依頼には結びついていきません。

行政書士の仕事は、ただ看板を掲げて待っているだけで顧客が集まるほど甘くはありません。

しかし、世の中には行政書士ができる仕事はたくさんあふれています。ただ、世の中の人が誰に相談していいのか分からないだけなのです。

幸い、今は様々な形で人々に情報発信をすることができる時代です。

新人行政書士であっても、上手に情報発信することで必ず仕事は舞い込んできます。

一人でも多くの人に行政書士の仕事を理解してもらえるよう、とにかく知恵を絞りましょう。

行政書士として経験を重ねてくると、様々なノウハウや知識がどんどん蓄積されていきます。 また、新人行政書士であっても、法律を学んだ者として常識的なことであっても、一般の人があまり知らない知識、情報というものも少なくありません。 こういった知識や経験で得たノウハウというのは、単に自分の頭の中だけにとどまらせておいてもまったく意味がありません。 インプットした知識や経験というものは、実際にアウトプットしてこそ生きてくるものです。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!