付加価値を磨いて利益が出せる行政書士を目指しましょう

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の仕事は、常に顧客満足度を念頭に置いておくことが肝心です。

仕事に満足してもらえれば次の仕事につながってくるかもしれませんし、他の顧客を紹介してくれるかもしれません。

そのためには、単に依頼された仕事を無難にこなしているだけでは不十分です。

この行政書士でなければならない、と顧客に感じさせるための付加価値というのが必要となってきます。

スポンサーリンク

行政書士の仕事には付加価値が絶対に必要

新人行政書士のうちは、ほとんどの人が業務に対する自信がないものです。

自信をもって話ができないと、それは顧客に見抜かれてしまいます。結果として、成約に至る前に顧客が去ってしまうといったこともあるでしょう。私も開業当初は、そういった経験がたくさんありました。

自信をつけるには経験を積むことはもちろんですが、顧客に対する付加価値というのを意識しなければなりません。

例えば、顧客の多くは依頼する案件について、インターネットや関連書籍などで一般的な情報はすでに得ています。

ですから、行政書士に相談する頃には、すでに多くの予備知識をもっていることが少なくないのです。

そこで顧客が求めてくるのは教科書的な回答ではなく、自分が持っている情報以上の知識や、一般論ではない経験に基づく情報などです。

つまり、『原則としてはこうですが、実はこんな方法もありますよ』など、専門家として顧客に役立つ情報を提供できれば、将来的にコンサルタントとしての地位を獲得できるかもしれません。

付加価値は知識や経験だけではない

ただ、行政書士にとっての付加価値というのは、何も知識や経験に基づくものだけではありません。

例えば、他の同業者よりもとにかく仕事が早いとか、ミスが少ない書類を作成するなどといった基本的なことはもちろん、依頼された仕事以外の相談にも乗ることができたり、関連する助成金などに関するアドバイスをしたりと、様々なことが考えられます。

こうした事例の積み重ねで顧客から高く評価されれば、単なる事務代行屋ではないポジションを獲得できるのです。

新人行政書士には少し難しい注文かもしれませんが、数多くの行政書士の中で自分の事務所に依頼を呼び込むには、顧客に自分の仕事の価値を理解してもらうことが不可欠です。

もっとも、単に依頼を数多く受けたいのであれば、価格を思いっきり安くすれば、多くの人は喜んで飛びついてくるでしょう。いわゆるダンピング競争です。

ただし、このやり方では売り上げは上がっても利益は出ません。結果、忙しいのに利益が出ないという負のスパイラルに巻き込まれていきます。

しかし、自分の仕事に価値を感じてもらうことができれば、価格に関係なく仕事は入ってきます。料金を下げることなく、むしろ高めに設定したとしても、です。

経営者としてどちらがよいのかは明白ですね。

今の時点で自分が顧客に対してどのような付加価値を提供できるのか、利益の出せる行政書士となるために、ぜひ知恵を絞ってみましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ
スポンサーリンク