行政書士の他にも資格が必要?~ダブルライセンスは得なのか

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所運営・経営

行政書士の他に社会保険労務士や司法書士、税理士といった、他士業の資格を取得して兼業すれば仕事の幅が広がる、と考える人もいるでしょう。

いわゆるダブルライセンスという形です。

実際、行政書士の中には他士業との兼業行政書士も多数います。

実際にダブルライセンスで多いのは、社会保険労務士、税理士、司法書士、土地家屋調査士といったところでしょうか。

しかし、新人行政書士の場合、兼業したからといって仕事の幅や売上が倍増するかというと、決してそんなことはありません。

兼業している方の多くは、どうしてもどちらかの仕事に偏ってしまう傾向があります。少なくとも私の周りの兼業者は、すべてと言っていいくらいそうした状況です。

なぜなら、両方の仕事を一人で同じようにこなしていくのは相当に困難だからです。まして新人行政書士であればなおさらです。

ダブルライセンスを検討している人は慎重に

確かに、資格というのは多く持っていて損はないでしょう。

ただ、実際の実務という面で考えれば、兼業はそれほどメリットはないと言えます。

私としては、ダブルライセンスを狙う勉強時間があるのであれば、行政書士としての営業活動や売上を伸ばす努力をした方がメリットが大きいと考えています。

先にも述べたように、兼業で両方の仕事を一人ですべてこなすのは非常に困難です。兼業の場合、どうしてもどちらかに偏ってしまうからです。

ダブルライセンスでしっかり利益を出すという、明確な経営戦略があるのであれば構いません。

しかし、何となくダブルライセンスの方が稼げそう、というくらいの考えであれば、下手に兼業を考えるよりも、行政書士として稼ぐことに知恵を絞った方がいいでしょう。

ダブルライセンスよりも人脈を広げる方が得

ダブルライセンスを狙う主な目的として、行政書士業務以外の分野の仕事も一人で行える、というメリットはあるかもしれません。

例えば、相続業務などで不動産登記や相続税の申告といったことに関する手続きの必要性が出てくれば、その部分は行政書士は業務として行えません。

ですから、司法書士や税理士の資格をとれば一人で仕事を完結できる、といった考え方です。

確かに、それはそれで一時的には売上が増えるかもしれませんが、それよりも他士業と協働して人脈を広げておいた方が、中長期的なメリットは大きいです。

他士業との人脈を広げてアウトソーシングしていると、今度は他士業ができない案件を行政書士に回してもらえるということも出てきます。

つまり営業しなくても、労せずして行政書士の仕事が入ってくるわけです。

何でもかんでも一人でこなして時間をとるよりも、行政書士ができない部分は割り切って信頼できる他士業へアウトソーシングし、その時間を営業なり他の業務にあてた方が、結局は儲けが大きくなるのです。

自分の体はひとつしかありませんので。

経営という観点からも慎重な検討を

もちろん、ダブルライセンスそのものを否定しているわけではありません。勉強熱心なのは素晴らしいことですし、肩書が増えるという点では多少メリットになるかもしれません。

これはあくまでも私の経験上の実態や個人的な考え方なので、ダブルライセンスを本気で狙っている人は読み飛ばしていただければと思います。

しかし、繰り返しになりますが、何の明確な経営戦略もないままに、ただ資格という肩書を増やしても、決して利益は大きくなりません。むしろ売上としてはマイナスとなるかもしれません。

仮に一人ですべての仕事をこなせたとしても、中長期的に売上を伸ばすためのプラスにはならない可能性が大きいからです。

もしダブルライセンスを狙っているという方は、将来的な利益やメリットという観点からも、事務所経営にプラスになるかどうか、よく検討してからチャレンジすることをお勧めします。