行政書士の他にも資格が必要?兼業は得なのか

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の他に社会保険労務士や司法書士、税理士といった、他士業の資格と兼業すれば仕事の幅が広がる、と考える人もいるかもしれません。

実際、行政書士の中には他士業との兼業行政書士も多数います。

しかし、兼業したからといって仕事の幅や売上が倍増するかというと、そんなことはありません。

兼業している方の多くは、どうしてもどちらかの仕事に偏ってしまう傾向があります。

なぜなら、両方の仕事を同じようにこなしていくのは相当に困難だからです。

ダブルライセンスを検討している人は慎重に

確かに、資格というのは多く持っていて損はありません。

ただ、実務という面で考えれば、それほどメリットはないと言えます。

私としては、ダブルライセンスを狙う勉強時間があるのであれば、行政書士として営業活動や売上を伸ばす努力をした方がメリットが大きいと考えています。

先にも述べたように、兼業で両方の仕事をこなすのは非常に困難です。どうしてもどちらかに偏ってしまうからです。

明確な経営戦略があるのであれば構いませんが、何となくダブルライセンスの方が稼げそう、というくらいの考えであれば、行政書士として稼ぐことに知恵を絞った方がいいでしょう。

ダブルライセンスよりも人脈を広げる方が得

ダブルライセンスを狙う目的としては、行政書士業務以外の分野の仕事もできる、というメリットはあるかもしれません。

例えば、相続業務などで不動産登記や相続税に関することが出てくれば、その部分は行政書士が業務として行えませんので、一人で仕事を完結できる、といったことです。

確かに、それはそれで一時的に売上が増えるかもしれませんが、それよりも他士業と協働して人脈を広げておいた方が、将来的なメリットは大きいです。

そうして他士業との人脈を広げておけば、今度は他士業ができない案件を行政書士に回してもらえるということも出てきます。労せずして仕事が入ってくるわけです。

何でもかんでも一人でこなすより、行政書士ができない部分はアウトソーシングして、その時間を他の業務にあてた方が、結局は儲けが大きくなります。

経営という観点からも慎重な検討を

もちろん、ダブルライセンスそのものを否定しているわけではありません。勉強熱心なのは素晴らしいことです。

これはあくまでも私の経験上の個人的な考え方ですし、ダブルライセンスを本気で狙っている人はあまり参考にしない方がいいかもしれません。

しかし、繰り返しになりますが、何の明確な経営戦略もないままに資格だけを増やしても、行政書士としてはプラスにはならない可能性が大きいです。

ダブルライセンスを狙う方は、将来的な経営という観点からも検討してみましょう。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!