安い報酬は安い顧客を呼び寄せる

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士もビジネスである以上、お金の話というのは切っても切り離せません。

そして行政書士の報酬に関していえば、顧客によっては、何としてでも料金を下げさせようとする困った人も中にはいます。

報酬額を下げるのはとても簡単なことです。しかし、安易に設定している報酬額や、きちんと見積もりを出した金額を下げるようなことがあってはなりません。

なぜなら、きちんと見積もりを出して利益がとれる仕事をするべきですし、『安い報酬は安い顧客を呼び寄せる』という悪循環に陥る危険があるからです。

一度値下げをすると元に戻すのが難しくなる

そして、一度値下げしてしまうと、ダンピングした顧客には今後、正規の報酬額を提示することはできなくなります。

また、その顧客から他の仕事を依頼された場合や、紹介を受けた顧客に対しても、ダンピングした報酬設定で仕事をしなければならなくなってしまいます。

さらに、『あそこの行政書士は安くしてくれる』という話が口コミで広がってしまったような場合、次々と値引き交渉する人を呼び寄せてしまうことになります。

このように、一度の値引きが結果的には全体に響いてくることもあるのです。こうなると、もう元の報酬額に戻すことはできません。

とにかく目先の仕事を受けたいがために報酬額を安くしてしまい、利益が出ない仕事をやり続けると、やがて忙しいのにまったく利益が出なくなり、倒産する企業と同じように、負のスパイラルに突入していきます。

顧客に値引き交渉されないためには

そもそも、顧客に値引き交渉をされないためには、依頼した行政書士の仕事には大変な手間がかかり、専門的な知識が必要であることを分かってもらう以外にありません。

だからこそ、行政書士事務所は最初から専門性をアピールした上で、行政書士がどのような仕事をしているのかを『見える化』する必要があるのです。

それでも、何度も値下げ交渉をもちかけてくる顧客もいます。

そうした顧客の仕事は、もう遠慮なく断りましょう。目先の売上に目がくらんで、不毛なダンピング競争に参加する必要はありません。

マイナス+マイナス=マイナスです。

自分にとってマイナスにしかならない仕事を、次々と受けるような必要はないのです。目先の報酬よりも、きちんと将来を見据えた経営をするためです。

ダンピング競争とは無縁の仕事をするために

値下げ交渉をされない専門性を身につけるには、やはり勉強と経験を積んでいくほかにありません。

値下げ交渉をしない『良い』顧客というのは、その行政書士の専門性や仕事を十分に理解して依頼し、だからこそこの値段なのだと思ってくれている人です。

そうした顧客と一人でも多くめぐり合うために、日ごろの良好な人脈形成であったり、自分の専門性を打ち出している充実したホームページや資料の作成に力を注がなければなりません。

自分の事務所を守るためにも、行政書士を長く続けていくためにも、常に良い顧客を獲得できるスキルと経営感覚をしっかり身につけていきましょう。

よろしければフォローしてください