社会貢献を考えるのは自分が儲かるようになってから

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の仕事というのは、ある意味、社会貢献という側面があることは確かです。そうした高い志をもって行政書士になった方もたくさんいるでしょう。

建前上、行政と市民の橋渡しというのが行政書士の主な業務内容と言われています。

しかし、行政書士も商売ですから、常に社会貢献ばかりに目を向けているわけにはいきません。

もっとも、行政書士の他に収入源があり、お小遣い稼ぎ程度の副業で行政書士業務を行っているといった余裕のある方は別ですが。

スポンサーリンク

行政書士の社会貢献は商売として仕事をすること

そもそも、社会貢献を考えるには、自分の商売がうまくいっていないと無理です。

自分の商売がうまくいってなければ、社会貢献に目を向けている余裕などないはずです。

ですから、新人行政書士は、まずは商売としての行政書士業務に目を向けることに専念することが大切です。

社会貢献を考えるのは、商売がうまくいってからでも遅くはありません。

最大の社会貢献は税金をたくさん納めること

何より、商売人の最大の社会貢献は、たくさん稼いでたくさん税金を納めることです。

無料相談などのボランティアを一生懸命に行う前に、まずは自分の足元をしっかり固めて、商売人として成功してから、社会貢献にも目を向けるようにしましょう。

行政書士の業務の中にも、例えば成年後見の分野など、社会的要請が大きい割に実際の報酬額がとても低いといったものが存在しますが、新人行政書士の方は、まず利益のとれる業務をメインに選択すべきです。

自分の生活さえままならないのに、社会貢献などできるはずがありません。

まずは事務所の利益を最優先に業務展開していくことをお勧めします。

しっかりとした戦略があるのであれば別

ただし、成年後見の分野については、確かに成年後見制度そのものの報酬額はそれほど高くありませんが、その後の相続業務などを見据えた上で、きちんと利益が出せる明確な戦略があるのであれば、それは別です。

いずれにしても、行政書士は商売人であるということを前提として、儲からない、利益の出ない仕事を続けるのはお勧めしません。

倒産する世の中のほとんどの会社というのは、仕事がなくて倒産するわけではありません。仕事はたくさんあるけれども、ただ忙しいだけで、利益がまったく出ない赤字の仕事をやり続けた結果なのです。

行政書士も商売である以上、そうした負のスパイラルに陥らない経営をしなければなりません。

経営者として事務所を切り盛りするためには、いかにして効率的かつ利益を最大化できるかを目指すのが重要です。

儲かっている行政書士が多くなればなるほど、行政書士の社会的ステータスも向上していきます。

まずは自分の事務所の利益の向上を最優先に考えていきましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ