行政書士としての成功は実務能力だけでは実現しません

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所運営・経営

行政書士としての成功の尺度というのは人それぞれですが、少なくとも一般的なサラリーマン以上の収入を得ていれば、とりあえず個人開業の行政書士としては成功と言えるかもしれません。

しかし、残念ながらその水準までにすら達しない行政書士が多いのも事実です。

行政書士も経営者ですから、経営に成功する人、しない人がいるのは当たり前のことです。経営努力というのは絶対に欠かせません。

ただ資格があるからといって、それだけでお金が入ってくるわけではないのです。

では、行政書士として成功するためには、どのような経営努力が必要なのでしょうか。

実務能力は誰でも身につけられる

まず一つは、依頼された業務を行うための実務能力です。

当然のことながら、業務の知識がある程度なければ仕事はもちろん、見込み客や問い合わせ対応も十分に行うことができませんので、実務知識の自己研鑽は重要です。

経験も実績もない新人行政書士がベテランと対等に勝負するためには、実務知識をできる限りインプットしておくしかありません。

行政書士の実務、特に許認可申請の分野については、多くの場合、役所から詳しい手引きが出ているものもあります。

業務内容によっては、これをインターネットからダウンロードすることも可能です。

また、業務に関連する書籍も多数ありますので、こうした書籍には惜しまず投資しましょう。

基本的には手引きや書籍をよく読み込んでおけば、大抵の仕事に臨むことが可能です。

近年の難しい行政書士試験に合格した方であれば、こうした手引きや書籍の内容を理解するのは難しいことではありません。

まずは自分の行う業務に関する手引きや資料を読み込み、基本的な知識を身につけましょう。

ただ、手引きに書かれていないイレギュラーな案件も少なくありません。

そうした問題はこれからの経験や人脈の構築に励むことで十分にカバーできます。

一番大事なことは経営者としての能力

そしてもう一つの条件は、経営者としての能力です。

これは実務能力とは異なり、経営センスの有無で成否が決まってくるものです。

行政書士として成功できるかどうかは、この経営者としての能力を高められるかどうかで決まってしまいます。

行政書士も商売である以上、この経営者としての能力は絶対に欠かせないものです。事務所経営ができなければ、遅かれ早かれ廃業という道をたどることになります。

商売人の価値というのは、まずどれだけ儲けているか、利益を出しているかの一点のみです。利益の出せない経営者にまったく価値はありません。

つまり、行政書士という資格を生かしてお金を儲けられるためのセンスを養わないと、成功はできないということです。

さらなる利益を追求するための努力を

ある程度実務をこなしてくると、自分が働ける時間や売上の限界というのが見えてきます。

そこからさらに売上を伸ばすためのアイデア、戦略がとれるかどうかが勝負です。

一般の企業でも、業務の効率化やアウトソーシング化、他社との差別化を図るための経営努力というのを常に行っています。これは行政書士の仕事でも同じです。

経営者というのは、今よりもさらに利益を伸ばすにはどうしたらいいのか、効率的に利益を上げられる業務分野に参入するために、どのような知識や営業が必要なのか、といったことを常に考えなければなりません。

これからの行政書士は、単なる事務代行屋では経営が成り立たなくなりますし、社会的なステータスも向上していきません。

いかに自分の仕事に価値をつけ、むしろ価格を引き上げられるようなサービスが提供できないか、といった経営努力が必要になってきます。

一人でも多くの行政書士が成功することで、業界全体の利益にもなります。

目の前の仕事をこなすことに精一杯な新人行政書士の方には、まだイメージしにくいかもしれません。

しかし、ある程度の経験を積んだ後には、事務所の運営をどのようにしていけばより儲かるのか、利益が出るのかという経営センスを養っていくことも大事であることを覚えておきましょう。