行政書士業務に縛られすぎていませんか?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の仕事というのは、基本的に書類の作成や手続きであったり、業種によってはコンサルティングといった業務もあります。

行政書士としての資格で行える仕事は非常に多いのですが、行政書士業務を入口として、さらに顧客サービスを追及できないか、という視点をもつことも経営者として大切なことです。

つまり、行政書士業務にとらわれないサービスを提供できないかを考えてみるのです。

スポンサーリンク

狭い入口から顧客サービスにつなげる

例えば、顧客がホームページ制作やシステムの構築などで困っていたら、その分野に詳しい人であれば、アドバイスやお手伝いができるかもしれません。

また、人事などの経験があるのであれば、人材の採用に関するアドバイスができるかもしれません。

こうした仕事というのは、本来の行政書士業務ではありませんが、行政書士業務という狭い入口から入り、様々な形で顧客サービスを行うことも可能なのです。

そして、時には行政書士業務ではない案件が持ち込まれることもあるでしょう。しかし、行政書士もサービス業ですから、顧客の要望にできる限り応えていくことも必要です。

とりあえず困ったことがあれば、あの行政書士に相談してみよう、と思われるような存在を目指すのです。

顧客の要望に応えるための人脈づくりを

ただ、案件の内容によっては、顧客の要望にすべて応えられるとは限りません。そこで重要になるのは、あらゆる方面の人脈です。

他士業はもちろんのこと、あらゆる業界との人脈を形成しておくことが重要です。

もちろん、行政書士として直接の業務につながるような人脈も大切なことですが、直接には関係ない業界の人脈であっても、それを大事にしていくことで、いざという時の助けになるかもしれないのです。

実際、私の経験の中では、顧客との話の中で、英会話を習いたいという話題が出て、たまたま知り合っていた英会話講師を私が紹介したこともありました。

また、遺品整理で困っている顧客に対しては、その前に知り合っていた遺品整理の業者さんを紹介したこともあります。

行政書士業務というのは、スポット案件が多いのも特徴なのですが、そうした狭い入口からでも、最終的な出口で顧客の様々なニーズを満たせる可能性があるのです。

こうして顧客サービス、付加価値を充実させていけば、価格競争とはまったく無縁の仕事ができるようになります。

行政書士としての仕事に縛られることなく、柔軟なサービスを提供できる存在を目指してみましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ