行政書士業務に縛られすぎていませんか?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の仕事というのは、基本的に書類の作成や手続き、提出代行であったり、業種によっては各種のコンサルティングといった業務もあります。

行政書士としての資格で行える仕事は非常に多いのですが、行政書士業務を入口として、さらに顧客に対するサービスを追及できないか、という視点をもつことも、経営者として大切なことです。

サービス業として、顧客の要望にできる限り応えていくことができる行政書士になることは、これからの事務所経営においては重要です。

つまり、単なる行政書士業務にとらわれないサービスを提供できないかを考えてみるのです。

狭い入口から顧客サービスにつなげる

例えば、顧客がホームページ制作やシステムの構築などで困っていたら、その分野に詳しい人であれば、アドバイスやお手伝いができるかもしれません。

また、人事などの経験があるのであれば、人材の採用に関するアドバイスやコンサルティングができるかもしれません。

行政書士の業務というのは非常に幅広く、これから仕事を行っていく上での選択肢の多さがメリットとなります。しかし、逆に業務範囲があまりに広すぎるため、どの業務や分野に絞っていけばよいのか決めにくいというデメリットも併せ持っています。行政書士業務は、試験のために勉強した知識だけでは、なかな...

こうした仕事というのは、本来の行政書士業務ではありませんが、行政書士業務という狭い入口から入り、他にも様々な形で顧客サービスを行うことが可能な場合があるのです。

そして、時には顧客から行政書士業務ではない案件が持ち込まれることもあるでしょう。しかし、行政書士もサービス業ですから、顧客の要望にできる限り応えていくことも必要です。

とりあえず何か困ったことがあれば、あの行政書士に相談してみよう、と思われるような存在を目指すのです。

顧客の要望に応えるための人脈づくりを

ただ、案件の内容によっては、顧客の要望にすべて応えられるとは限りません。そこで重要になるのは、あらゆる方面の広い人脈です。

他士業はもちろんのこと、あらゆる業界との人脈を形成しておくことが重要です。

行政書士の直接の業務につながるような人脈も大切です。ただ、直接には関係ない業界の人脈であっても、それを大事にしていくことで、いざという時の助けになるかもしれないのです。

開業したばかりの行政書士事務所というのは、当然のことながらその存在はまったく世の中に知られていません。ですから、何らかの営業活動を行い、まずは自分の事務所の存在であったり、業務内容などを広く知ってもらう必要があります。新人行政書士が最初に業務を獲得するには、まず自分の持っているあらゆ...

実際、私の経験の中では、顧客との話の中で、英会話を習いたいという話題が出て、たまたま知り合っていた英会話講師を私が紹介したこともありました。

また、遺品の整理で困っている顧客に対しては、その前に知り合っていた遺品整理の業者さんを紹介したこともあります。

行政書士業務というのは、スポット案件が多いのも特徴なのですが、そうした狭くて小さな入口からでも、最終的な出口で顧客の様々なニーズを満たせる可能性があるのです。

付加価値で価格競争とは無縁の仕事を

こうして広い顧客サービス、付加価値を充実させていけば、頼られる存在として価格競争などとはまったく無縁の仕事ができるようになります。

もちろん、単に人脈を広げるだけではなく、優良、有能な方とのつながりを意識しないと、きちんとした仕事をしてもらえず、逆に顧客からの信頼感を失ってしまいます。

既存の行政書士業務だけのサービスだけで終わらせてしまい、顧客との接点がそれだけでなくなってしまうというのは、非常にもったいないことです。

顧客との雑談で距離を縮め、その中で、他にも困っていることを聞き出してみたりすることも有効な手段でしょう。

行政書士として顧客と接していると、仕事以外の雑談をする機会も少なくありません。こうした仕事以外の雑談というのは、顧客との距離を縮める効果があります。共通の趣味があったり、共通の知り合いなどがいたりすると、ついつい雑談時間が長くなってしまうこともあります。また、雑談を交わしてい...

行政書士としての仕事に縛られることなく、顧客をさらに満足させられるサービスを提供できる、頼られる存在を目指してみましょう。

よろしければフォローしてください