セミナーや勉強会依存になっていませんか?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士事務所運営・経営

行政書士向けのセミナーや勉強会というのは有料無料問わず、少し調べてみればいくらでも出てきます。

こうしたセミナーや勉強会というのは、自らの意識を高めたり、経営や営業のヒントが見つかることもあるので、積極的に参加すること自体は意味があると思います。

また、自分が新規に参入しようとしている分野に関連するセミナーなどは、その概要だけでもつかんでおくと、業務の幅を広げられることもあるでしょう。

しかし、セミナーや勉強会にただ参加したことだけで満足感を得てしまう、という方も少なからずいます。

つまり、セミナーや勉強会に、ただ参加することだけが目的になってしまい、いつまでも肝心な実践に移れない、という依存型の思考です。

単なる自己啓発が目的なら意味がない

私も開業当初、いくつかの行政書士に関するセミナーに参加して受講者の方と話す機会もたびたびありました。

中には『行政書士になって5年くらい経ったのですが、なかなか仕事にならないのでセミナーで勉強しています』といったような方も多数いました。

もちろん、セミナーに参加して勉強する、モチベーションを高める、ということ自体は決して悪いことではありません。勉強熱心なのはとてもいいことです。

ただ、これから行政書士として、経営者として活動していくという目線で考えてみると、単に自己満足の勉強だけが目的で参加するのは、まったく意味のない行為です。

行政書士で開業してから数年も経っていて仕事がないのであれば、セミナーで勉強する前に、まずは経営者としての資質を高めるための努力を実践すべきです。

少なくとも、行政書士として成功する、という目的をもっている方は、くれぐれもセミナーや勉強会依存思考に陥らないよう注意しましょう。

参加する必要性はあるのかを熟考する

もちろん、世の中の多くのセミナーや勉強会の中には、素晴らしい、役に立つ内容のものもあります。

本当に自分が必要とするもの、勉強になるもの、今後の経営や業務に役立つ内容であれば、参加することには大きな意義があります。

しかし、そもそもセミナーや勉強会に参加する必要性があるのか、という点はよく熟考することをお勧めします。

私の個人的な経験では、下手なセミナーや勉強会に参加するよりも、様々な人脈を広げて、そこで得られた情報や知識の方が実務では何倍も役に立っています。

具体的には、既存の業務に関することであれば、同業の行政書士はもちろんのこと、他士業であったり、異業種の経営者であったりといった様々な人脈から、十分な知識や情報を得られています。

ただし、これから新規の業務を行うにあたって参考になるような内容であれば、関連するセミナーなどを受講して勉強や経営に役立てることはあります。

もし、自分が必要とするセミナーや勉強会に参加するのであれば、そこから何を学んで、どのように自分の業務で実践していくのか、という明確なビジョンを持っておくことが大切です。

くれぐれも、次々とセミナーや勉強会を受講することだけで、参加することに意義がある、という依存症にならないようにしましょう。

経営者としての目的意識をしっかり持って、本当に自分が必要としてるものは何なのか、ということをよく考えたうえでセミナーを役立ててみてください。