売上500万円の書類作成職人か1億円の経営者か

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

一口に行政書士事務所といっても、その規模や仕事内容は様々です。

行政書士一人ですべての仕事をこなしている人もいれば、補助者や従業員を数多く抱えている大きな事務所、行政書士法人もあります。

自分が行政書士としてどのような仕事をしたいのか、将来的にはどのような事業展開をしていきたいのか、といった大きなビジョンを描くというのは、経営者としては大事なことです。

では、『書類作成職人』となるのか、あるいは『組織の経営者』となるのがよいのか、どちらが正解なのかを考えてみましょう。

どちらを目指すかは自分の力量次第

書類作成職人であっても、大きな組織であっても、行政書士という経営者であることには変わりはありません。

しかし、人にはどうしても向き、不向きがあります。

せっかく独立開業して自由に仕事ができるようになったのだから、自分の好きな仕事をとことん極めていきたい、というのがいわゆる職人気質です。

一方、いずれは事務所を大きくして、組織として経営にあたっていきたい、というのが組織の経営者思考です。

ただし、組織の経営者となるには、やはりビジネスのセンスであったり、経営の力量というものがシビアに問われます。

ですから、誰もが組織の経営者として成功できるわけではありません。これは一般の会社経営でも同じことです。

もっとも、書類作成職人になるか経営者となるかを考える以前に、まったく仕事がとれない行政書士も少なくないのが現実なのですが。

ちなみに、私が知る限り、行政書士として開業している人の大多数は、いわゆる一人事務所です。配偶者などを補助者登録している人もいますが、これも実質的には一人事務所になるでしょう。

どちらにしても実務経験という修行は必要

書類作成職人として仕事をしてく人はもちろんですが、組織の経営者を目指す人であっても、まずは実務経験というのが必要です。

なぜなら、実務の内容や流れを知らなければ、組織全体をうまく動かし、指示していくことは難しいからです。

どちらを目指すにしても、最初は自分で経験を積んで十分な実務能力をつけてから、目指す方向性を考えていくことになります。

結局はどちらが正解なのでしょうか

では、どちらが行政書士の目指す道として正解なのかというと、私の個人的な考え方としては、書類作成職人でも組織の経営者であっても、どちらを目指すのも正解だと思っています。

組織を動かす経営センスがある人は、どんどん事務所を大きくしていけばよいですし、職人として仕事を極めたいというのも、それはそれで立派なことです。

要は、自分自身を客観的にみて、どちらが向いているのかを考えていけばよいのです。

私は個人的に一芸に秀でた職人型が好みであり、そちらが向いていると思っているので、今のところは大きな組織としての経営者を目指すつもりはありません。

ただ、書類作成職人であっても、業務の効率化や利益の向上という点は、常に考え、実践してきています。

単に入った仕事を漫然とこなすのではなく、どうすればもっと仕事が効率化できるのか、儲かるのかということです。

これから開業を考えている方、開業間もない方は、まず実務経験を積むことに専念し、こうしたことも頭に入れながら行政書士としての道を模索してみましょう。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!